【一本桜ガイド】袖之山の彼岸しだれ桜|飯綱町

神ノ山しだれ桜

県指定の文化財に登録されている、飯綱町の「袖之山の彼岸しだれ」。

江戸時代までは安養寺というお寺があったことから、地元の方々は「安養寺の糸桜」または「安養寺の柳桜」と読んでいます。安養寺の本堂は現在の公民館の位置にあり、桜は境内にあったことから大きなお寺であったことが推察されます。樹齢300年超ながら高さはなく、道路まで滝のように流れ落ちるしだれ桜が印象的。桜の後ろには飯縄山がドッシリと構えています。

臨時駐車場は飯綱町公民館分館にあります。

  • 名称:袖之山の彼岸しだれ
  • 所在地:飯綱町袖之山浦之久保521-3
  • 樹齢:320年
  • 開花時期:4月20日ころ
神ノ山しだれ桜

この記事を書いた人

アバター

信州さーもん

スキマな観光ライター。長野県内外、国外を旅します。長野県観光WEBメディア「Skima信州(http://skima-shinshu.com )」代表。道祖神宿場街道滝ダムため池棚田神社仏閣好きな平成生まれの魚。浅い知識を浅いままに増やしています。企画・アイディアを出すのが得意。たぶん。

高山村

スキマYouTubeチャンネル

スキマな魅力をもっと身近に感じてもらおうと、スキマチャンネルを始めました!
Skima信州でご紹介しているスキマスポットを動画でもチェックしませんか?
よければチャンネル登録よろしくお願いします!