第4話「マジヤバ!牛に引かれて善光寺参りの布引山に登ったら・・?」みこもちゃんの民話めぐり

みこもちゃん4布引観音

移住者目線で漫画「ここが分からんばい!信州 」やグッズ制作などを手がけるイラストレーター高坂梓さんの連載がスタートしました!

ここまでのあらすじ
東京に憧れる長野県の女子高生・みこも。口グセは「マジヤバ!」。長野県でも楽しいことはないかな?と探していると、おばあちゃんに民話をすすめられる。長野県の民話って地形や歴史とも深く関わっていて、なんだか面白いかも・・!

「みこもちゃんの民話めぐり」シリーズはこちら!

第4話「マジヤバ!牛に引かれて善光寺参りの布引山に登ったら・・?」

みこもちゃん4布引観音
みこもちゃん4布引観音
みこもちゃん4布引観音
みこもちゃん4布引観音

▷1話から読む

「牛に引かれて善光寺」とは?

小諸市布引観音
布引観音釈尊寺の観音堂

今回のお話は「牛に引かれて善光寺」で有名な布引観音のお話でした。幻牛(ゆめ)伝説とも呼ばれる信濃四大伝説のひとつです。あらすじは以下の通り。

むかし、信心の薄い老婆が住んでおりました。
この老婆が千曲川で布を晒しておりますと、どこからともなく一頭の牛が現れ、その布を角に乗せて走り出しました
老婆は驚いて、野を越え、山を越え、牛の後を追いかけましたが、ふと気がついてみますと善光寺の境内まで来ておりました。老婆は、やっとのことで牛に追いついたと思ったのもつかの間、牛は金堂のあたりで突然姿を消してしまったのではありませんか。
驚きと悲しみに疲れ果てた老婆は、あっけにとられてその場に佇んでしまいました。
日も暮れる頃、どこからともなくどこからともなく一条の光が差し、その霊光の尊さにおもわずひざまづいて、菩堤心を起こし一夜を金堂にこもって罪悪を詫び、家に帰ってまいりました。
ある日のこと、ふと布引山を仰ぎみますと、岩角にあの布が吹き付けられているではありませんか。老婆はなんとかして取り戻したいと思いましたが、断崖絶壁のことでことで取るすべもありません。
一心不乱に念じているうち、布とともに石と化してしまったということです。この布引山の断崖には今も白く布の形をした岩肌が眺められます。
布引観音菩薩が、牛に化して信心薄い老婆を、善光寺阿弥陀如来の許に導いて教化をしたのだそうです。このお話は信濃4大伝説のひとつとして、今に語り伝えられております。

小諸市布引観音

布引観音の駐車場から観音堂までは山道を20分ほど歩きます。みこもちゃんのおばあちゃん、ここをサクサク登ってしまうなんて元気ですね!皆さんも参拝される際は、歩ける格好と靴でお越しくださいね。

実際に参拝した様子は下の記事をご覧ください!

ではまた次回のみこもちゃんでお会いしましょう!

「マジヤバ!みこもちゃんの民話めぐり」とは?

マジヤバ!みこもちゃんの民話めぐり
主人公は長野県に住む平凡な女子高生「みこもちゃん」。都会に憧れて東京の大学を目指していたけれど、自由研究の課題に自分のおばあちゃんから長野県の民話を薦められて地域の民話を知っている人に取材していくうちに優しさに触れて・・・?




この記事を書いた人

信州さーもん

スキマな観光ライター。長野県内外、国外を旅します。長野県観光WEBメディア「Skima信州(http://skima-shinshu.com )」代表。道祖神宿場街道滝ダムため池棚田神社仏閣好きな平成生まれの魚。浅い知識を浅いままに増やしています。企画・アイディアを出すのが得意。たぶん。