絶景!長野県の池・湖のあるキャンプ場

佐久穂町駒出池キャンプ場

Skima信州ライターのsakanaです。今回は長野県にある池や湖の近くにあるキャンプ場をご紹介していきます。長野では諏訪湖をはじめとする青木湖や野沢湖など有名ですが、他にもスタカ湖、美鈴湖などの湖のそばにあるキャンプ場、駒出池と呼ばれる池のそばにあるキャンプ場など穴場キャンプ場をご紹介していきます。人混みを避けて、自然を満喫しちゃいましょう!

やすらぎの森オートキャンプ場|信濃町(北信エリア)

北信州エリアに位置する信濃町にはやすらぎの森オートキャンプ場があります。テントを立てる広大なスペースのあるフリーサイトだけではなく、キャンピングカー専用のRVパークもあります。全区画に100V電源が完備されているのでオートキャンプを楽しむことができますよ。

フリーサイトキャンプの利用料は大人2,000円〜、子供1,000円〜(中学生まで)、未就学児は無料。車の乗り入れバイクの乗り入れが可能ですがそれぞれ1,000円、500円と料金がかかるので注意が必要です。RVパークの利用料は、基本料1泊1区画 入場料+6,000円(車1台につき)、この利用料はフルフックアップコースで電源(100V30A)、給水、排水、有線インターネットが完備されています。

キャンプ場に隣接した森では、散策路が完備されていて森林浴が楽しめます。町内には森林セラピー基地もあり地域で森林と共に過ごす観光を盛り上げています。

スタカ湖キャンプ場|野沢温泉村(北信エリア)

野沢温泉村にあるスタカ湖キャンプ場はブナや白樺をはじめとする群生に囲まれた地にあります。巣鷹湖の湖畔、標高1,300mにあり真夏でも涼しく過ごすことができます。キャンプ場には、貸テントや炊事場、トイレ・シャワーなどの施設も充実しており安心してキャンプを楽しむことができます。

キャンプだけではなくバーベキューの利用も可能で事前に連絡をすれば手ぶらで楽しめるコンロや食材付きのコースも楽しめます。湖畔のそばで青空の下仲間とバーベキューをして楽しむのもいいですね。ピザ窯のレンタル500円で行っているのでキャンプ場で本格的なピザ作りを楽しむのもいいですね。

キャンプの施設料は、テントサイト(5人用テント1張)1泊2,100円、バンガロー(8人用1棟)1泊6,300円。区間のみ利用料はテントサイト1区画1泊1,100円、オートキャンプ電源なし1区画1泊4,200円。他にも薪やレンタル用品の貸し出しも行っています。

駒出池キャンプ場|佐久穂町(佐久エリア)

佐久穂町駒出池キャンプ場

八千穂高原にある駒出池キャンプ場は、国定自然公園に指定され大自然に囲まれたなかキャンプが楽しめるスポットとしておすすめです。手ぶらでキャンプをすることができ初心者でも気軽にスタートすることができます。利用料は、施設料、入場料、オプション料がかかり、例えば小学生のお子様のいる3人家族が手ぶらでキャンプする場合、約4,500円〜(施設料3,000円、入場料1,500円)楽しめます。

近くには平尾温泉みはらしの湯といわれる蓼科山や八ヶ岳連峰を一望できる温泉施設があります。キャンプのお供に日々の疲れを癒しに訪れてみるのもいいですね。

松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場|松本市(松本エリア)

2021年4月28日にグランドオープンした松本市美鈴湖もりの国オートキャンプ場は、木のプロ集団であるやなりんが企画設計したキャンピングスポットです。浅間温泉・美ヶ原や、松本市街地などとアクセスも抜群で松本観光のついでにキャンプを楽しんでみるのもいいですね。このキャンプ場は特に薪による焚き火に力を入れていて、作りたい火に合わせた薪が用意してあります。キャンプの醍醐味である焚き火のパチパチした音で癒されましょう。

テントで楽しむ広場サイトでは4,820円~ / 1サイト1泊で、キャンピングトレーラーなど乗り入れができる区画サイトでは5,840円~ / 1サイト1泊で利用可能。1サイトあたり4名ほどが楽しめます。

takibi hut|茅野市(諏訪エリア)

諏訪エリア蓼科市にあるtakibi hutはオールシーズン楽しめるキャンプサイトです。キャンプサイトでは獲れたてのジビエを焚き火で焼いて食べるといった、他のキャンプサイトでは味わえない体験ができるのが魅力。夏のグリーンシーズンでは手ぶらでキャンプが楽しめる初心者に嬉しい施設も充実。手ぶらでテント泊は20,000円〜。

徒歩2分で白樺湖に行けるのも魅力的。1周1時間ほどで回れるので散歩がてら白樺湖周辺のお店や施設を楽しんでみるのもいいですね。

千人塚公園キャンプ場|飯島町(上伊那エリア)

飯島町千人塚公園キャンプ場

千人塚公園のキャンプサイトでは中央アルプスと南アルプスの2つのアルプスに挟まれた立地でキャンプをすることができ、雄大な景色が一望できます。20区画のキャンプエリアがありソロキャンプからファミリーキャンプまで様々な用途に合わせてキャンプが楽しめます。テント付きで1泊4,000円〜、ソロキャンプは2,000円〜楽しめます。

おおぐて湖キャンプ場|下條村(南信州エリア)

おおぐて湖キャンプ場はキャンプサイトのすぐ目の前におおぐて湖があるという湖畔ロケーションを存分に楽しめます。1泊2,500円〜。平日は休日に比べ利用料が安く、できれば人も少なく過ごせる平日に行くのがおすすめ。他にも林間サイトや星見テラスなどの旅館キャンプを楽しめるプランがあり設備が充実しています。

おおぐて湖はルアーやフライフィッシングの釣りアクテビティも人気。夏にはバス、春秋冬にはニジマスやコイが釣れるのだとか。平日1時間500円で参加できます。キャンプだけではなく釣りも楽しめるなんていいですね。

長野の湖・池のそばで魅力的なキャンプライフを

長野は山や川がたくさんありそのそばでキャンプを楽しむのも魅力的ですが、もちろん山や川によって生み出された池や湖も多くまた違った環境でキャンプを楽しむのも刺激的でいいですよ。湖に映る朝日や夕陽を眺めながら仲間と語り合ったり、湖のレジャーを家族で楽しんだりなどと色々な楽しみ方をして魅力的なキャンプライフを送ってみてください。

スキマ広告バナー
善光寺門前グルメ藤田九衛門

この記事を書いた人

sakana

旅、コーヒー、映画好きな旅行ライター。長野県上田市在住。東京から長野へやってきた大学生。自分の好きな場所や物を文字におこして伝えることが好き。

最近のスキマ記事