松本市「小料理 いとう家」トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のレストラン」28位!おもてなしの秘訣は、“外看板”と“メニュー”への工夫。

松本市「小料理 いとう家」

世界中で使われる旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した2018年「外国人に人気の日本のレストラン トップ30」に、長野県松本市の飲食店がランクインしています。

サイト内に投稿された、外国語の口コミ評価をもとに作成されたランキングには、東京都、京都府などの大都市圏の飲食店が多く目につきます。しかし、その強豪の中ランクインしたのが、我らが長野県松本市の2つの飲食店。「小料理 いとう家」と「インド家庭料理ドゥーン食堂 印度山」です。

全国の飲食店の中でベスト30に選ばれるとは、どんなお店なのでしょうか?

「外国人に人気の日本のレストラン 2018」で28位に選ばれた、松本市中町通りで営む「小料理 いとう家」オーナー伊藤久美子さんに、外国人観光客をもてなす秘訣を聞いてきました!

松本市「小料理 いとう家」とは?

松本市「小料理 いとう家」

「小料理 いとう家」はオーナーである伊藤久美子さんがおでんや郷土料理を和服姿でもてなす、2003年に松本市中町通りでオープンした小料理屋です。「トリップアドバイザー 外国人に人気の日本のレストラン 2018」で28位にランクインしました。その前年には、外国人観光客のための英語メニュー対応、観光プラン相談が評価され、長野県が表彰する「信州おもてなし大賞2017」で奨励賞を受賞しました。

松本市「小料理 いとう家」

外国人観光客が増える松本市。メニューを外に出すことで、どんな店か知ってもらえる

外国人観光客の来店が増えたという実感があったのは2015年。インバウンドという言葉がメディアで流れ、日本全体に外国人観光客が増え始めた頃です。「メニューを見せてほしい」と店内に入ってくる外国人観光客が多くなりました。

英語のメニューは無かったので、英語やジェスチャーで少し説明するくらいだったそうですが、忙しくてすぐに対応できないこともあったとのこと。そこで、店外に英語のメニュー表を出しておくことにしました。

松本市「小料理 いとう家」
英語記載の外看板「Japanese style Sake Bar(居酒屋)」

「外国人観光客は、この店がどういう店なのか、どういうものを食べられる店なのか知りたい。だから英語メニューを見たいと言うのです。」

外の看板で教えてあげれば、お客さんがお店に入るかどうか、外で考えることができます。

「外でメニューを見ることができれば、店に入らなくてもいいですよね。外で店に入るか判断してもらえるのなら、結局は私の対応も減って負担が減る。そして観光客も気軽でいいでしょう。」

松本市「小料理 いとう家」

情報を発信するために、店をトリップアドバイザーに登録したのもこの頃です。店に訪れるほとんどの外国人観光客が、トリップアドバイザーの口コミを見て来店したと答えるようになりました。

メニューを英語表記のカード型に。日本食を食べてみたいという気持ちに応える。

同年、取り組み始めたのが、カード型の英語メニューづくりです。日本酒や和食メニューがカード1枚に1品ずつ、写真と英文で紹介されています。外国人観光客から注文があったメニューから作り始め、1~2年かけて完成させました。

松本市「小料理 いとう家」
カード型メニュー

「外国人観光客には、画期的なシステムだと喜んでもらえています。1品ごとバラになっているので、このメニューを食べる、食べない、と分けて、そこからチョイスできるのがいいみたい。」

売り切れの場合はカードを渡さなければいいので、伊藤さんにとっても説明の手間が省けて気が楽とのこと。

人気メニューは「キノコ炒め」。キノコは長野県の名産品でもあります。メニューを見て、食べたいもの、試したいものを見つけてもらえるようです。

「世界中で和食が浸透していて、なんともない味噌汁なのに『ミソスープ』と呼び、喜んで食べてくれます。昔は、おにぎりの『海苔はあんまり食べたくない…』といった方もいましたが、この3年くらいでコンビニのおにぎりで親しみが出てきたのか、注文も多くなりました。」

松本市「小料理 いとう家」
日本酒メニューも英語表記

ベジタリアンやビーガンには個別に対応

食事に対する多様な考え方を持つ外国人は多いのが現状。いとう家ではベジタリアンとビーガンには個別で対応しています。対応できるメニューは、カードに分かりやすく記載しているとのこと。

「ベジタリアンやビーガンは、地方にくると困っている方が多いみたい。この前、来店したカップルは『昨日はコンビニのおにぎり以外、何も食べられなくて泣いてた、だから今とってもハッピー』と言っていましたね。」

松本市「小料理 いとう家」
対応できるメニューには、右上に「Vegan」「Vegetarian」と表記している

いとう家は、ベジタリアンやビーガンの情報サイト「Happy Cow(ハッピーカウ)」で紹介されていることから、頼りにしている観光客が多いようです。

「ある日、ベジタリアンの来店がとっても多い日があって、なぜ来店したのか聞いたら、ハッピーカウに載っていたからって教えてくれて。私は何もしていないのだけど、お客さんの誰かがやってくれたみたい。」

会話は定型文とジェスチャー、分からないことは『Sorry, I don’t know.(分からない)』でOK!

外国人への接客で戸惑ってしまうのが英会話。英語に親しみのない方は、どのように対応すればいいのでしょう?

「英語と日本語のミックスで話す、または単語だけで話してもいいのではないでしょうか? そんな時に、やっぱり英語メニューはあると便利。話さなくても、メニューと指さしだけでいい。」

分からないなら分からないなりに、気持ちを持って対応すれば、相手は分かってくれるとのこと。難しく考えなくてもいいのかもしれません。 

松本市「小料理 いとう家」
観光案内も常備。自ら観光地に足を運んでもらっている。

「『いらっしゃいませ』『ありがとうございました』『どっち?』などは日本語でいいと思う。むしろ嬉しいかもしれませんよ。日本の接客を受けることが旅の醍醐味でもあります。」

そして、意外と英語圏の観光客は少ないそう。

「例えばフランス、ドイツ語圏の方に、日本人が変な英語を話したとしても、なんとも思われませんよ。」

松本市「小料理 いとう家」
観光客に喜ばれる折り紙のプレゼント。娘さんが作ってくれている。

伊藤さんは、短大の頃に英語を勉強し、日常会話に困らない程度には英語を話せます。それでもコミュニケーションで話す言葉は、だいたい一緒とのこと。

「『松本にいつ来た?』『どこから来た?』『次はどこへ行くの?』など、同じようなことを聞いています。たまに難しいことを聞かれると動揺しちゃうけど。そんな時は、会話ではなく単語やジェスチャーで対応しています。本当にわからなければ、最後は『Sorry, I don’t know.』(分からない)」

翻訳アプリ「Voice Tra(ボイストラ)」を使用することもあるそう。このアプリでは、こちらの日本語や、観光客が話す言葉を、指定する言語に翻訳して音声再生します。逆翻訳もしてくれるので、翻訳が正しいかどうかも確認することができて、使い勝手がいいとのこと。

松本市「小料理 いとう家」
日本語の紹介用紙を手作り。「おやすみなさい」「ごちそうさまでした」と帰っていく方も多いそう。

外国人観光客が来ないのは『どんな店か分からない』から

日本への外国人観光客は増加している現状。しかし、地方には外国人観光客があまり来ていないお店もあるそうです。伊藤さんは、そんなお店にも英語のメニュー看板を外に出すことや、英語メニューカードをつくることを推奨しています。

「『うちは海外の人があまり入ってこないから、来ないから、食べないから、英語のメニューは必要ない』とおっしゃるお店もありますが、それは大きな間違いだと思っています。外国人は “どんなお店か分からないから” お金を使わないだけなんです。」

『うちは蕎麦屋だからわかるだろう』とこちらは思っていても、英語で外に書いてなければ、外国人には分かりません。」

どんな店なのか分かってもらえなければ、選択肢にも入れてもらえないのかもしれません。

「貪欲なんですよ、海外の人は。いろんな店に行きたいし、いろんなものを食べてみたいし。」

私たち日本人も、どんなお店か分からなければ、お店に入らないことも多いのでは?外国人にとって、日本は異国の地。余計にハードルが上がると考えた方がよさそうです。

松本市「小料理 いとう家」

「英語に投資することは、損ではないと思います。満足してもらうことが、次のお客さんにも繋がります。『あそこが良かったよ』とトリップアドバイザーに口コミを入れてもらえること、『お母さんや友達が良かったと言っていた』と来店する人もとっても多いです。

外国人観光客も、どうせ行くならおいしいものを食べたい、いい体験をしたいと思っています。英語表記の外看板を出すこと、カードメニューをつくることは、ぜひ飲食店の方に真似してほしいです。」

地方都市のお店が、全国30位以内に入るという快挙。その裏には、外国人観光客の希望を、当たり前に対応したいと努力する、気配りと優しさのおもてなしがありました。

取材協力:いとう家 http://nakamachi-street.com/shop/itouya/

トリップアドバイザーはこちら

スキマ講座2019受講生の記事です
スキマ講座の様子は「スキマな地域の情報発信講座」を開催しました。をご覧ください!

この記事を書いた人

アバター

竹中 唯

主に長野県で活動するフリーライター。元会社員。インタビューが好き。

高山村

スキマYouTubeチャンネル

スキマな魅力をもっと身近に感じてもらおうと、スキマチャンネルを始めました!
Skima信州でご紹介しているスキマスポットを動画でもチェックしませんか?
よければチャンネル登録よろしくお願いします!