乗鞍高原温泉 山栄荘|清涼な空気に包まれて楽しむ高原の硫黄泉

こんにちは、温泉マニア大学生の力路郎(@OfAdriatic10)です。

 

皆さんはどんな泉質の温泉が好きですか?

一口に温泉といっても、さまざまなものがありますよね。温泉の泉質は、実に10種類に分類されると言われています。

僕が特に好きなのが硫黄泉!主に白く濁っていて、卵のような臭いのするあの温泉です。一般の人が想像する温泉って、もしかするとこの硫黄泉のことかもしれません。「温泉らしい温泉」といえます。

火山の多い信州には硫黄泉がたくさんあります。松本市の乗鞍高原温泉もそのひとつ。白濁した濃厚な温泉です。

 

牛留池から眺めた残雪の乗鞍岳

乗鞍高原は北アルプスの最南端、乗鞍岳の裾野に広がる高原です。夏から秋にかけては登山、冬にはスキーでにぎわう信州屈指の観光地でもあります。

そんな自然豊かな高原にある乗鞍高原温泉。旅館やペンションなど、およそ100軒の施設に温泉が配湯されているそうです。

今回はそのひとつ、源泉掛け流しの温泉宿「山栄荘」にて日帰り入浴をしてきました。

 

乗鞍高原に佇む素朴な温泉宿「山栄荘」

乗鞍高原温泉を源泉掛け流しで楽しめる温泉宿「山栄荘」。木造の素朴で趣のある建物です。高原の落ち着いた雰囲気に合いますね。

山栄荘は二食付きから素泊まりまで、お手頃な価格で泊まれるお宿です。日帰り入浴でも気軽に立ち寄ることができます。今回は午前中に日帰りでお世話になりました。

 

山栄荘では3つのお風呂を楽しむことができます。

・男女別内湯 各1

・男女別露天風呂 各1

・貸切露天風呂 1

いずれも魅力ある素晴らしいお風呂でした。貸切風呂もあるので、落ち着いてゆっくりと温泉を楽しめます。

 

玄関から奥の方に進むと湯小屋の入口があります。廊下にある薪ストーブはご主人イチオシらしい。なんとも高原らしい良き風情です。

 

手作り感のあるシンプルな脱衣所。さあ、待ちに待った温泉へ!

 

まるで東北の湯治場のよう。趣のある木造の内湯

扉を開けると襲ってくる強烈な硫黄の香り。あぁ!これ、一番好きなやつだ!見るからに濃厚そうな白いお湯を見て、大興奮してしまった僕。

 

浸かってみればその濃厚さが分かります。まるでミルクのよう。細かい湯の花に包まれながらじっとしていると、身体の芯からじんわりと暖まってきます。

鼻で硫黄の香りを吸って極楽気分。やっぱりこれが本当の温泉だなあ、としみじみ。硫黄泉の大ファンなのです。

山栄荘は全浴槽を源泉掛け流しで使用。宿泊すれば24時間いつでも入ることができます。

 

湯口に近づいてみましょう。けっこうな量の源泉が投入されています。もちろんお湯の鮮度は抜群です。

湯口の泉温は思ったより高くはなく、42℃ほどの適温に感じました。舐めてみるとほのかにピリッとくる酸味が。マイルドな硫黄泉にはちょうどいいアクセントになっています。

 

湯小屋の天井を見上げるとびっくり。小さいながらも木造の立派な造りです。天井が高いので湯気がこもることもありません。露天風呂にいるかのような爽快感!

昔行った、東北の山奥にある湯治宿を思い出しました。この風情、なんか似てる・・・

 

シャワーもあります。温泉成分の影響なのか、金属部分が黒色になっていました。それだけ濃い温泉だということですね。

 

清涼な空気に包まれながら。爽快な露天風呂

内湯の扉を開ければ露天風呂に出られます。小さな湯船がぽつり。こちらも内湯同様、白濁した硫黄泉です。

 

なかなかワイルドなこの露天風呂。溶岩のような巨石に囲まれた野趣あふれる造りです。奥には乗鞍の原生林が広がっています。

 

こちらの方が内湯よりもお湯が濃厚に感じました。温度は少しぬるめで入りやすいです。

乗鞍高原の清涼な空気に包まれて、あまりにも心地よかったのでついつい長湯してしまいました。これぞ露天の醍醐味!

 

温度が下がらないようにするためか、鮮度を維持するためか、お湯の上にマットが敷かれてました。お風呂から上がるときは、また戻してから出るようにしましょうね。

 

外には貸切露天風呂もあります

山栄荘のお風呂はまだまだありますよ!

こちらは別棟にある貸切露天風呂。離れた場所にあるというのが何とも魅力的ですね。日帰り入浴の人でも入ることができて、大自然に囲まれながらゆったりとお湯を楽しめます。

 

岩で組まれた屋根付きの露天風呂。白濁したお湯が満ちています。時間を忘れてずっと浸かっていたくなる・・・そんな贅沢なお風呂でした。

 

《温泉 基本情報》

【乗鞍高原温泉 山栄荘(さんえいそう)】

泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)

泉温:50℃

加水:なし

加温:あり(冬期のみ)

還流:掛け流し

住所:松本市安曇4085-68

電話:0263-93-2715

料金:大人500円/小人300円

営業時間:9:00~21:00

定休日:不定休

公式ページ:http://saneiso.com/

 

抜群の自然環境!高原の湯に癒されること間違いなし

あまりの気持ちよさについつい長湯。湯上がりはお宿の周りをぶらぶら散歩してみました。

駐車場脇に湧き水を発見。冷たい水がドバドバと地面に流れ落ちています。

 

なんか珍しい葉っぱがいっぱいあるなあ・・・よく見るとこれ、天然のわさびでした。やっぱり水がきれいなんでしょうね!それにしても、庭にわさびが生える環境はすごい。

 

裏庭からは雄大な乗鞍岳も望めます。残雪が輝いていて綺麗でした。

高原に佇む素朴な温泉宿「山栄荘」。この自然環境の中で浸かる温泉は最高に気持ちいいです。硫黄泉と大自然に癒されに、あなたも乗鞍高原に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

【連載】教えたいけど知られたくない!信州のスキマ温泉めぐり

長野県の温泉地数は224ヶ所、245ヶ所の北海道に次いで日本第2位!ちなみに温泉利用の公衆浴場数は、654ヶ所と日本一を誇っています。

信州の温泉地といえば野沢温泉や渋温泉、別所温泉や白骨温泉などが有名ですね。

この特集ではスキマメンバーの力路郎さんが、少し変わった温泉地をさまざまな視点からご紹介します。

 

 



最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


↓シェアは下のボタンから↓

最近のスキマ記事