人生の、上り坂と下り坂が行き交う場所│千曲市・姨捨

そこは、田毎の月で知られる名月の里。

そこは、姥捨伝説のある善光寺平のどん詰まり。

そこは、スイッチバックのある駅、ひと呼んで日本三大車窓。

姨捨の字を一発で「おばすて」と読めるひとは、案外少ないかもしれない。

ただ、信州人にとって、さらに北信の人間にとっては、馴染み深い場所である。

長野自動車道が山を這うように通り、JR篠ノ井線が駆ける、交通の要衝だからだ。

中信方面や松本以南へ向かう時は、否応なしに通過する。

眼下には善光寺平が広がり、絶景といえる。

昼間は遠く街を望み、夜景は煌めく地上の天の川のようである。

昼も夜も、季節の移ろいとともに、2度と同じ姿は見せない。

自然豊かな信州。

その包容力を感じられる場所である。

ここ姨捨は人生が行き交う場所。

まぁるいお月様が、そっと見守る、人生の通過点。

 

僕は、緊張の面持ちで高速バスに乗る。

駅前の喧騒をあとにして、バスはゆっくりと走り始める。

僕は、夢へ向かって走り始めた。

ぜったいにやってやる。その密かな決心と一緒に。

最初で唯一の休憩場所が、姨捨サービスエリアだ。

夜も23時近くだろうか。

長野近郊で乗客を拾い、バスは姨捨に着いた。

夜半の青白い月光がそっと照らす駐車場では、仮眠をとる大型トラックのエンジン音が、からからと寝息を立てている。

ドアが開いて、10分だけの休憩時間。

手洗いに向かう前に、夜景が見える場所へ駆け寄る。

寝静まる街は、少し控えめな光のじゅうたんを見せていた。

明日の朝は、遠い都会で新生活が始まる。

少しだけ冷えた早春の空気を吸って吐く。

「さよなら信州」

僕はそっとつぶやいた。

 

特急しなのは振り子車体を揺らしながら、聖高原を出た。

383系列車は、独特なモーター音を奏でて、徐々に速度を上げていく。

県歌信濃の国に歌われる「穿つトンネル二十六」の碓氷峠には負けるかもしれないが、篠ノ井線もトンネルが多い。

その中でも冠着トンネルは、明治の開通当初、日本一の長さを誇った。

暗闇の中を加速して、壁面のランプが、発光する一本の線になる。

僕は、これでよいのだろうか……。

ピィーっと警笛が鳴り、視界がひらける。

目が一瞬眩み、目を開き直す。

窓いっぱいに広がる、雪景色の善光寺平。

ときおり粉雪を巻き上げながら、姨捨を通過する。

汽車の時代はスイッチバックを必ずしていたと聞くが、今の電車は力があるので、駅を横目に坂を駆けていく。

一瞬だけ、姨捨駅が見えた。

あの頃の僕が、今の僕に手を振っていた。

人生、各駅停車も悪くない――。

そう教えてくれたのは、過去の自分自身だった。

 

松本で仕事を終え、長野道をホームタウンへ向けて走る。

今日のプレゼンは緊張したなぁ。

でも、結果として、上手くいってよかった。

そんなことを頭の隅で考えながら、アクセルを微調整して、じわりと速度を緩める。

トンネル続きの区間を抜けると、善光寺平が出迎えてくれる。

横目でその景色を感じながら、ホッと息を吐く。

「あぁ、俺の街に帰ってきた」

辛いときも、楽しいときも、そして泣きたいときも、すべてを共にしてきた信州。

この地平には、僕のすべてが埋まっている。

カーブと下り坂の複合区間を、注意しながら、リズミカルに下る。

徐々に高度を下げ、僕は天空の人から地上の人へと戻っていく。

その街は、夕暮れに呼応するように、明かりを少しずつ灯していった。

僕は、日没の街に、溶けていく。

 

ここは姨捨。

人生のあらゆる場面が通過する場所。

この場所にいると、日頃の悩みがちっぽけに思えるのはなぜだろう。

それだけ、姨捨という地の器は大きいのかもしれない。

ここは姨捨。

高い場所から失礼します。

思い悩むことがあれば、一度はおいで。

ここは、ここは、姨捨なのだ。

人生の、上り坂と下り坂が行き交う場所。

今日も僕は、姨捨を上り、また下っていきます。

 

この記事を書いた人

アバター

ビッグこねこ

平成生まれの信州育ち。写真を撮ったり文章を書いたりが得意。10代の頃は都会に出たくてしょうがなかったが、ひょんなことから舞い戻り、長野県の良さを知る。見た目はビッグ、心はこねこ。らしいです。にゃーにゃー!

高山村

スキマYouTubeチャンネル

スキマな魅力をもっと身近に感じてもらおうと、スキマチャンネルを始めました!
Skima信州でご紹介しているスキマスポットを動画でもチェックしませんか?
よければチャンネル登録よろしくお願いします!