信大生の空き家活用ストリートを作りたい!受け継がれたコミュニティスペース「ロッピキ」

空き家の活用について、全国各地でさまざまな問題や活用方法が提唱されていますね。信州の空き家問題も深刻ですが、自治体だけでなく、若者が率先して空き家事業に取り組むケースも各地で見られます。

信州大学の学生(信大生)が運営する松本市のコミュニティスペース「ロッピキ」もそのひとつ。シェアハウスとしてだけでなく、学生と地域とが気軽に交流できるコミュニティスペースやイベントスペースとして活用されています。

 

1期生が卒業して受け継がれたロッピキの現在と、今後の展望を伺って来ました。

 

信大生のコミュニティスペース「ロッピキ」

信大生5人で空き家を探し、コミュニティスペースとしてオープンしたロッピキ。2期生3人が新たに加わり、家賃1万円の空き家をリノベーションしながら、現在はシェアハウスとしても利用できます。

「5人で立ち上げた、6人目のメンバーはあなた!」の意味で「ロッピキ」と名付けられました。

 

ロッピキ立ち上げの詳しい経緯やリノベーションの様子は、信大生向けwebメディア「nagauni」さんで詳しく取り上げられています。

 

松本市のイベントスペースとしても活用

わたしがロッピキを知ったのは、県政タウンミーティングに参加した時。会場として、ロッピキが利用されていました。

電気メーターを見ながら空き家を探した経緯、地域の協力やリノベーション時の努力などを聞いて興味を持ちます。

こうして県のイベント会場にも利用される他、音楽サークルの演奏イベントや持ち込み企画なども行われているみたい。

 

 

やたらとおいしいカレーを食べて来た

後日伺ったところ、一般開放されるロッピキOPENデーでごはん会を行うとのこと。お腹を空かせて行って来ました。

 

https://twitter.com/matsupuro2016/status/1006781188495814658

 

今夜のごはんはマッサマンカレー

ごはん会は日によってメニューもさまざま。今日はカレー!

 

「このカレーなんか違う」と思ったら、ココナッツミルクや秘伝のスパイスを使った「マッサマンカレー」だそう。見た目は辛そうですが、程よい甘みを感じます。

 

1期生の千村さん(写真左)と2期生の西澤さん(写真右)は、4月からロッピキに暮らしています。

 

この日は1年生も3人ほど遊びに来て、7人でのごはん会。多いときは20人以上でご飯を食べることもあるのだそう。

信大生以外でも、飛び入りでも参加OK!

 

 

2期生中心メンバーのふたりが語る「ロッピキのこれから」

2期生として盛り上げるのは、ロッピキ代表の黒澤さん(写真左)と4月からロッピキに住む西澤さん(写真右)。共に人文学部の3年生です。

ロッピキの存在を「Facebookで知った」というふたり。イベントを通じてロッピキに足を運ぶようになり、メンバーに誘われて2期生になりました。

6月10日には1期生の卒業イベントも行われ、今年度から本格的に運営をスタート。

 

ロッピキのOPENデーを増やし、集える時間と場所をつくりたい。

 

ーーロッピキの運営が1期生から2期生に移って、何か変わったことはありますか?

 

西澤さん平日にもOPENデーを作れるようになったことですね。1期生のメンバーは5人中4人が離松(※松本キャンパスから離れること。信州大学は2年次から学部ごとに長野〜南箕輪までキャンパスが分かれる)なので、どうしても週末に開くことが多かったみたいです。

 

ーー平日にロッピキを開くことによって、地域の方や学生も気軽に参加しやすいメリットがありますね。

 

西澤さん:土日は隔週でイベントをして、平日はOPENデーにまったり集まる感じです。

 

 

ーーOPENデーは毎週水曜日と金曜日とのことですが、どんなことをしているんですか?

 

黒澤さん:水曜日は勉強デーとか、読書デー、映画デー、ボードゲームデーなんかもありますね。今日みたいなごはん会は1期生たちの頃からやっていて、みんなが集まるきっかけになっています。

 

ーーあ、そういえば前に「秋田出身のメンバーが実家から送られて来たきりたんぽを使って鍋をした」って聞きました!いいなあ。

 

黒澤さん:あ、秋田出身なのは僕ですね(笑)あの時は20人くらい人が来て、すごかった。

 

西澤さん:あの時は盛り上がった!

 

ーー郷土食を持ち寄って集まれるのも信大生の魅力かもしれないですね。金曜日の「たまりBar」も気になります。

 

金曜日には学生も社会人も集える「たまりBar」を開催

 

西澤さん:毎週金曜日にお酒やおつまみを振る舞う「たまりBar」を始めました。日本酒とかお味噌汁とか用意して、みんなで楽しく飲んだり喋ったり。

 

黒澤さん:学生だけでなく、社会人の方もよく来てくれます。自分たちでお金を稼ぎながら運営していくことが目標なので、とても助かっていますね。

 

ーー学生の取り組みに楽しみながら協力できるって素敵ですね。初めての人でも気軽に足を運んでもらいたいです。

 

空き家を信大生で埋め尽くして「信大ストリート」をつくりたい!

 

ーー西澤さんには今後の目標というか、やりたいことがあるんですよね。

 

西澤さん:そうですね。ロッピキが盛り上がっているので、周辺の空き家も信大生で埋め尽くしたいです!いろんな学生が活動する「信大ストリート」になったら楽しそうだなって。

 

ーー面白い!例えばどんな活用の仕方があると思いますか?

 

西澤さん:とりあえず、カフェとかあったらいいなと思います。知るカフェのように、企業や地域との交流ができたり、イベントも開催できたりするような。

 

ーーなるほど、確かに信大にはそういった場がありませんね。周辺に活用できそうな空き家はあるんですか?

 

西澤さん:どうかな、探せばあるかもしれない。

 

黒澤さん:もし何かやりたいって大学生がいたら、僕らも協力していきたいと思っています。

 

信大生の3期生メンバー募集中!

信大生と地域のコミュニティスペースとしてさらなる活躍と発展が期待されるロッピキ。現在は3期生を募集しています。

イベントを一緒に運営したり、定員もありますがシェアハウスに住んだりすることも可能。1万円の家賃を人数で割り勘とは、なんとも魅力的な話です。

興味のある信大生は一度遊びに行ってみてくださいね。イベントの情報はTwitterFacebookページをご覧ください。常連になれば、LINEグループからリアルタイムで情報を送ってくれるそうですよ。

 

ロッピキ、ごちそうさまでした。

イベントにごはん会とお世話になったロッピキ、今後の活躍にも注目していきたいです。

そういえばご馳走になったカレー代を払わず帰って来てしまったことに気づきました。すみません、今度払いに行きます。

 

コミュニティスペース「ロッピキ」

住所:松本市北深志3丁目4-11
公式Twitter:https://twitter.com/matsupuro2016
Facebookページ:https://www.facebook.com/matsupuro2016/

 

取材・撮影のご協力ありがとうございました!

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
記事は更新当時の情報です。最新の情報は公式ページなどでお確かめください。 SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。
Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu
Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu

Skima信州

長野県のニッチな観光情報をお届けするWEBサイト「Skima(スキマ)信州」です!キャッチコピーは「信州のスキマを好きで埋める」。

この記事を書いた人

信州さーもん

兵庫県出身長野県在住の信州さーもん。Skima信州編集長。
地名と社寺に興味をそそられると、長野県内のどこでもふらっと行く習性を持っています。御朱印・神社仏閣紹介サイト「ごしゅメモ」を運営。