【PR】親子で泊まってゆったり過ごせる! 体験プランとオーガニックなこだわりにあふれる宿 八寿恵荘

八寿恵荘

長野県安曇野エリア、池田町にある八寿恵荘(やすえそう)

北アルプスと田園風景が美しい街中を抜け、山道を上がること車で15分。森が開け、緑に囲まれた八寿恵荘が現れます。

今回はカモミールの花が咲く6月に、親子で八寿恵荘に宿泊してきた様子をお届け!

信州安曇野「池田町(いけだまち)」ってどんなところ?

池田町は長野県安曇野エリアにある人口10,000人弱の町。北アルプスと田園風景が美しいこの町は「花とハーブの里」と呼ばれ、春~初夏にかけてカモミールやラベンダーがいたるところに咲いています。

透き通ったおいしい北アルプスの雪解け水をつかったお酒も有名。古民家を改装した日本酒蔵直営店や高いところから安曇野の景色が一望できるワイナリーがあります。

アジア初のビオホテルジャパン認証を受けた八寿恵荘

八寿恵荘

カミツレとは、ハーブの一種であるジャーマン・カモミールの和名。

八寿恵荘は1982 年よりカモミール由来の薬用入浴剤「華密恋」を独自開発。製造販売しているカミツレ研究所が運営しています。カミツレ研究所の創業当時から続く徹底した健康意識と環境配慮を受け継ぎ、八寿恵荘は2015 年に内装を木材と自然素材のみで改装しリニューアルオープン。

その際に、日本初・アジア初のビオホテルジャパン認証を取得しました。

ビオホテル認証とは

ヨーロッパにあり厳しいBIO 基準を規約とする「ビオホテル協会」。 BIOとはオーガニックを意味する言葉で、日本では2013年 に BIO HOTELS JAPAN が発足しました。独自の厳格なガイドラインを食品・製品ごとに設けています。BIO HOTEL®では、食事や飲み物、コスメ(シャンプー・石けん・スキンケア等)は、すべて オーガニック 。タオル、ベットリネン類、さらには、施設の建材や内装材も可能な限り自然素材を使用し、再生可能エネルギーの積極的な活用を含めCO2 排出量削減にも厳格に取り組んでいます。 ビオホテル協会の厳しい基準を満たして認定を受けたホテルは、世界7か国に約100軒。 美味しい食事とレベルの高い環境マネージメントにより、最も信頼できるエコホテルとして存在感を高めています。

八寿恵荘

八寿恵荘おすすめ 1泊2日の過ごし方

今回は八寿恵荘がおすすめする「八寿恵荘の1日の過ごし方しおり」に沿って過ごします。

  • カミツレエキス工場見学
  • 薪割り・火起こし体験

などなど、親子で一緒に楽しめる体験が盛りだくさん!

チェックイン-あたたかな木のぬくもりを感じるロビー-

中に入ると全身が木のぬくもりに包み込まれるような感覚になりました。八寿恵荘では外壁や天井材は長野県産のスギを使い、床材には地元池田町のアカマツを使っています。

池田町八寿恵荘

チェックインカウンターの横には地元の無垢材でつくられたテーブル型の木琴。チェックイン時に楽しそうに遊んでいるので、安心して手続きができます。

オーガニックでシンプルなゲストルーム

シンプルなゲストルームにもこだわりがたくさん!内装は化学合成の接着剤を使わず、地元の無垢材を使用しています。

ウェルカムドリンクのカモミールティーは、もちろん八寿恵荘周辺の畑で採れたカモミール製!旅の疲れを身体の中から癒してくれます。

カモミール畑とツリーハウスにて全身で自然を感じる

八寿恵荘

八寿恵荘の目の前に広がるカモミール畑へ!

カモミールの花が見られるのは5月下旬~6月上旬の数週間だけですが、咲いているときは外に出た瞬間にやわらかなカモミールの香りがしてきます。希望する人は摘み取り体験もできるので、家に帰ってもカモミールを楽しめます。

カモミール畑の一角には、子ども心をくすぐるツリーハウス

あたたかい日はツリーハウス内のチェアーで読書するのも良さそう。ハシゴを使って上るので、動きやすい服装で来ることをおすすめします!

畑で採れたカモミールが化粧品や入浴剤に変わる過程を間近で見学

外で遊んだ後は宿に隣接する工場でカモミールから化粧品や入浴剤がつくられる様子を見学。ここでつくられた商品は国産カモミールにこだわったスキンケアブランド「華密恋」としてオンラインショップで購入できるほか、宿泊客は入浴時に利用できます。スタッフさんの丁寧な説明を聞きながら、ガラス張りの工場内をみる体験は小学生以来の社会科見学気分!

スキンケアブランド「華密恋」のこだわり

国内でカモミールを農薬を使わず有機肥料のみで栽培し、花だけでなく茎や葉も用いてカモミールの有効成分を引き出し、非加熱でじっくり抽出した独自のカミツレエキスが特徴。「余計なものは一切入れない」という約束のもと、合成香料、合成着色料、鉱物油は使用せず、30年以上変わらぬ製法で「華密恋」商品はつくられています。公式サイトはこちらからどうぞ!

羽釜と薪で炊く「かまど炊きご飯」に親子で挑戦

八寿恵荘

八寿恵荘では宿泊者限定の体験プログラムが設けられています。

羽釜と薪で炊く「かまど炊き」に親子で挑戦しました!薪を割ったりかまどに火をつけたり、普段の生活ではできない田舎ならではの体験ができるのも魅力のひとつ。自分で炊いたかまどご飯が夕食に出てくるのも楽しみですね。

「おしゃれなホテルに子ども連れで行くのはちょっと迷惑かな…」と思う方もいるかもしれませんが、八寿恵荘では親子での宿泊を大歓迎していて受け入れ態勢も整っているので安心して泊まれますよ。

カモミールの甘い香りがただようお風呂で日々の疲れを癒す

「かまど炊きご飯」体験をした後は、甘いカモミールの香りが全身を包み込むカミツレエキスたっぷりのお風呂「華密恋の湯」へ。夜中以外は宿泊中何度でも入浴できます。

お風呂は地元の間伐材を再利用したバイオマス燃料(木質チップ)であたためているとのこと。お湯に少しとろみがつくほど贅沢にカミツレエキスが入っており、肌はしっとりすべすべに。窓の外には新緑が広がっていて五感すべてで癒されます。

八寿恵荘

シャンプーや石鹸などはすべてカミツレエキスをたっぷり使用した「華密恋」オリジナル商品!

お風呂上がりにはスキンケア商品もずらっと並んでいました。デリケートな赤ちゃんから使える「カミツレンベビー」もあり、カミツレエキスと植物オイルがたっぷり配合されています。※感染症対策の為お使いいただけない場合がございます。

気に入った製品はフロントのショップですぐに購入可能。全製品オーガニックで健康に優しいので、お肌が敏感な方も安心してつかえます。

八寿恵荘

自社農園でとれた新鮮な野菜でつくられたオーガニックな食事

八寿恵荘の食事はカミツレの里の自社農園「おやさい畑」で採れたばかりの無農薬野菜を中心としたオーガニックなラインナップ。食事の内容は季節ごとに変わり、訪れるたびに異なる食事が楽しめます。

シンプルでヘルシーなのに味はしっかりしていて食べ応えもありました。お食事はベジタリアンの方でも楽しめる内容となっているとのこと。

普段はあまりお米を食べない子どもも、八寿恵荘のご飯はパクパク!

小学生の子どものお食事は大人と同じものですが、リクエストすると量の調節をしてもらえます。また幼児食は離乳食に変更もできるので安心です。

ラウンジには親子で遊べる本や積み木が

夕飯までのひと時、就寝前のひと時、チェックアウトまでのひと時、らうんじには親子で楽しめるコンテンツがあります。窓際の本棚にはオーガニック・エコ・自然に関する小説や専門書から、子ども向けの絵本が並んでいました。宿泊中はお部屋で読んでもらうんじで読んでもいいので、まったりと本を読む贅沢な時間が過ごせます。

八寿恵荘の館内と同じように、いろんな種類の木からつくられた積み木もありました。余計な化学物質は使われていないので万が一口に入れてしまっても大丈夫。安心して遊べます。

カミツレの宿 八寿恵荘について

場所長野県北安曇郡池田町広津4098
チェックイン時間15:00~
チェックアウト時間~10:00
定休日不定期 ※メンテナンス等
電話番号0261-62-9119
公式Webサイトhttps://yasuesou.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/yasuesou
Instagramhttps://www.instagram.com/yasuesou/
Twitterhttps://twitter.com/yasuesou/
アメニティお布団一式・バスタオル、てぬぐい・お茶のセット・LEDランタン・ハンガー・タオル掛け・エアコン・加湿器(フロント貸出)※洋室1室のみ、洗面所、バリアフリートイレ(車椅子可)
通年料金大人お1人様料金(税抜 /サ込) 20,000円
  • 環境に配慮し、身のまわりのものはお持ちいただきますようお願いしております。歯ブラシ、寝間着はご持参ください。
  • 小学生(大人と同じ食事・布団あり)大人料金の70%
    小学生(幼児食・布団あり)大人料金の60%
    幼児(幼児食)大人料金の20%
    乳児(離乳食)大人料金の5%
    幼児、乳児(布団)大人料金の15%
  • 全館禁煙、灰皿のご用意はございません。
  • 現地決済にて現金またはクレジットカードをご利用いただけます。

八寿恵荘へのアクセス・マップ

車で八寿恵荘にいく場合

車で行く場合は最寄りの「安曇野IC」をまずは目指しましょう。安曇野ICからは車で約30分です。(ナビによっては「麻績(おみ)IC」経由のルートが表示されますが、 とても険しい細い山道を通ることになりますのでご注意ください。)

安曇野ICから20分ほど走ると、国道51号線の「池田5丁目」信号があるので東(右)へ曲がります。池田町5丁目信号からは二車線舗装の山道を約10分登ります。 「サーキット安曇野」手前のY字交差点を左折し「大峰高原」方面へ。左折後1,2分で八寿恵荘が右手に見えてきます。車は建物の道を挟んで向かいにあるカミツレの里の無料駐車場をご利用ください。

電車で八寿恵荘にいく場合

電車で八寿恵荘にいく場合は篠ノ井線「JR明科(あかしな)駅」を目指しましょう。明科駅から八寿恵荘までは無料送迎バスがあります。(宿まで約30分)バスを希望する方はWebサイトでの予約時に「送迎車を希望する」を選びましょう。

【行き】JR明科駅を15:10ごろ発、八寿恵荘へ
ちょうどに到着する電車 ⇒
「松本駅14:28発 14:44明科着 普通長野行き」「長野駅14:07発 15:05明科着 普通松本行き」

【帰り】 八寿恵荘を10:30発、JR明科駅行き
接続があう電車 ⇒
「長野方面 11:23発 普通長野行き」「松本方面 11:10発 普通甲府行き」

最後に-八寿恵荘宿泊予約・オンラインショップはこちらから!-

八寿恵荘

八寿恵荘は子どもからご年配の方まで幅広い世代の方に楽しんでもらえる上質なサービスを提供しています。家族でゆったり非日常を過ごしたい方は、ぜひ長野県池田町のビオホテルカミツレの里 八寿恵荘にお泊まりください!

予約はこちらから
オンラインショップはこちらから
お問い合わせは0261-62-9119まで

八寿恵荘では現在、感染症対策として部屋数を絞り、「安心して過ごせること」を第一に運営をしています。詳しくはこちら

この記事を書いた人

Skima信州編集部

Skima信州編集部

Skima信州は「信州のスキマを好きで埋める」をキャッチコピーに長野県のニッチな観光スポットや情報をお届けするローカルWEBメディアです。

高山村

スキマYouTubeチャンネル

スキマな魅力をもっと身近に感じてもらおうと、スキマチャンネルを始めました!
Skima信州でご紹介しているスキマスポットを動画でもチェックしませんか?
よければチャンネル登録よろしくお願いします!