飯山駅から「高橋まゆみ人形館」へ。日本のふるさとに暮らす人形たち|信州駅トホ美術館

ごあいさつ

こんにちは、謎の国・諏訪の国育ちのおざわっぷる(@naganozawapple)です。

ぼくは美術館が好きなのですが、信州は美術館大国!

美術館の数はなんと107軒!第2位の東京都は98軒、第3位の栃木県は47軒。

実に全国の約10%の美術館が信州にギュッと詰め込まれています。

とはいえ、信州と言えば山、自然、そして車社会。ステキな美術館がいっぱいあるのは知っていても、そこまで行くのに一苦労…。
ましてや免許持ってなかったら、簡単には行けない美術館ばっかりじゃない!

……

ご心配なく。

駅チカの美術館、山ほどあります。

それに、駅から美術館までの道のりもステキだったりします。そんなニーズもあるやも知れぬ、と思いましてこの度、シリーズ企画を立ち上げさせていただきました。

題して「信州駅トホ美術館」。

それでは、はじまりはじまり~
(おざわっぷるさん、もしかして免許持ってないのかしら?)

 

飯山駅or北飯山駅~高橋まゆみ人形館

「駅チカの美術館」と聞くと、どうでしょう。

「都会にもよくある、都市型の大きな美術館?」「せっかく信州に行くのなら、里山の田舎らしさを味わいたい!」

というわけで今回ご紹介させていただくのは「高橋まゆみ人形館」さんです。

 

気になるアクセスは、

  • JR飯山線北飯山駅より徒歩5分
  • JR飯山線・北陸新幹線飯山駅より徒歩20分

 

わーお、駅チカ!

歩くのが好きなぼくは、ひと駅遠い飯山駅から向かうことにしました。

 

北陸新幹線飯山駅で下車すると、発車ベルが『ふるさと』です。はい、ノックアウト。日本のふるさとへようこそ。

 

駅を出るとこんな景色。飯山市では雪まつりの最中でした!

 

案内板を確認し、向かって左へ。

 


正面の道路を左へまっすぐ!

 


その名も「仏壇通り」。飯山は寺の町、仏壇の町でもあります。

 

こういうデザインの案内板も味がある。

 

信玄の落とし処…?気になる!気になるけど今は割愛。

 

踏切の真向かいにお寺。電車が来たらいい画になりそう!

 


とにかくまっすぐずんずん進むと、雰囲気のある商店街が。

 


こういうの、この街の世界へ導いてくれますよね。

 

また味のある心くばり。住民のみなさまの憩いの場でもあるのでしょう。

 


お、看板見えました。なんてシズル感のある字体!

 


角の看板から奥に建物。この道もまた、来る者をいざなう絶妙な舞台装置。

 

到着。
目の前にはもう「高橋まゆみ人形館」しか見えません。

 

中は撮影禁止・・感想だけお伝えします

さて、美術館の館内はほぼ撮影禁止なので、ここで感想を。

まぁなんともユーモラスで郷愁を誘う、人形たちと模型たちでした!

展示室は4つほど、全部合わせても小中学校の教室2部屋分くらいだったかと思います。

そこに、農作業をするおじいちゃんおばあちゃんや、縁側で花火を見上げる村の人々など、里山の暮らしと四季の風景を再現してありました。

なんといっても表情がお見事!これを見て心が温まらない人はいないのでは!と思うくらいでした。

NHK『みんなのうた』や、養命酒のCMにも使われたという、空気感がなんとも穏やかで、人を微笑ませる魅力を持った人形たち。

「癒し」とも「刺激」ともちょっとちがう、なんだかひなたぼっこをしているような気分に、おざわっぷるさんはなりました。

(ちなみに養命酒も信州で作られています)

基本的には撮影不可なのですが、1箇所だけ「是非とも撮影どうぞ!」なスポットがあります。


高橋さんの人形と一緒に写真が撮れます。

 


拡散のお願い文。時代も意識!

日本のふるさとを求めて、外国人客も多いのでしょう。ちなみに飯山駅、外国人スキー客で大混雑で驚きました!

 


「おかえりなさい。」

 

おざわっぷる
はーい!ただいまぁーーー。

 

受付からカフェ&ショップの眺め。(スタッフさん撮影許可済)

見切れた右側に展示室があり、左側に撮影スポットがあります。

美術館ではじっくり鑑賞するタイプのおざわっぷるさんですが、ここでは20分ほどで十分過ぎるくらいジューシーな味わいを堪能できました。

「日本のふるさと」飯山と相性抜群の、素晴らしきおうち。

是非あなたも、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

高橋まゆみ人形館

住所:飯山市飯山2941−1

 

入口前の料金看板。

高橋まゆみ人形館と、伝統産業館、飯山市美術館、ふるさと館の「4館共通入館券」というものもあります。

美術館巡りにお得なチケット、これもいいかもしれませんね。

おまけ:一番近い駅から行きたい!

そんな場合は飯山駅の隣、JR飯山線北飯山駅から徒歩5分です。ただし、少々ご注意ください…

無人駅!

周辺の観光情報などの案内が、もうちょっとほしいと思われるかもしれません。

(人形館HPにもその旨記載あり)

ですが、行き方ならすぐにわかるのでご安心ください!

 


駅の真正面、かごの中の土に刺さった看板。とってもわかりやすいですね!

 


そのまままっすぐ進めば、高橋まゆみ人形館に到着です。

それでは、次回もステキな「駅と散歩と美術館」でお会いしましょう!

(おざわっぷるさん、やっぱり免許持ってないんじゃね?)

 



最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


↓シェアは下のボタンから↓

最近のスキマ記事