湯俣温泉 晴嵐荘|北アルプスの歩いてしか行けない山小屋の秘湯へ

こんにちは、温泉マニア大学生の力路郎(@OfAdriatic10)です。

 

『歩いてしか行けない温泉』

温泉好きならそそられる言葉のはず。

 

大町市を流れる高瀬川の上流、北アルプスの奥地に湯俣温泉はあります。

湯俣温泉。そこにはどんな景色が広がっているのか。

山好きであり温泉好きでもある僕にとって、湯俣は子どもの頃からずっと憧れの存在でした。

 

高瀬ダムから湯俣温泉をめざして歩く

訪れたのは8月上旬。まさに夏山シーズンの真っ只中でした。

北アルプスの登山基地である七倉の駐車場は早朝から満員。

みんな山登ってるのかあ。

僕たちは麓でのんびりと温泉に浸かるので、ちょっぴり贅沢気分です。

車で行けるのは七倉から4㎞ほど先の高瀬ダムまで。

そこから湯俣温泉まで、自分の足で辿り着かなくてはなりません。

 

いざ、出発!!

高瀬ダムから湯俣温泉まで、およそ10㎞。なかなか長い行程です。

はじめの長いトンネルで一気に疲れましたが、後はしばらくダム湖畔の舗装された道なので安全です。

 

途中、ダム湖畔から眺めた景色。奥に見える白い山は船窪岳かな。

人気の北アルプスの中でも、この辺りの山は閑散としてて良いんですよね。

 

一時間ほど歩いたらダム湖の入り口まで来ました。

水の色、キレイですよね!

これは温泉成分が川に混じるため、このようなセルリアンブルー色になるそう。

神秘的な風景に興奮を隠せない一行でした。

 

ダム湖が見えなくなると、舗装された道から登山道へ変わります。

登山道とはいえど、急な登り坂などはなく、比較的容易に歩けます。

鳥のさえずりが聞こえる森の道。

憧れの温泉をめざして、黙々と歩き続けました・・・

 

山小屋「晴嵐荘」で極上湯を楽しむ

歩き続けること約二時間半、ついに山小屋 晴嵐荘(せいらんそう)が!

ここが今回の目的地、湯俣温泉です。

吊り橋を渡って山小屋がある対岸へ。

山小屋の前の広い河原にテントを張ります。場所は自由。

無料の水場もあったりと、かなり充実したテント場です。

個人的には、北アルプスの充実したテント場トップ3に入ります。なにより温泉がある!

今夜はここで一夜を過ごします。わくわく。

 

晴嵐荘で受付を済ませて、さっそく念願のお風呂へ!

扉を開けると・・・

 

年季の入ったタイルの浴槽に、青白く光る神秘的なお湯が満ちています。

お風呂は男女別の小さな内湯がひとつだけ。

シンプルだけど、このコンパクトさがまた良いのです。

 

泉質は単純硫黄泉。もちろん源泉掛け流し。濃厚な硫黄臭が香ります。

湯量も豊富でザバザバと掛け流されていました。

長旅の疲れも吹っ飛びます!

 

上質なお湯さえあればもう何もいらない。

湯俣温泉は、そんなお湯だけを楽しめる空間を与えてくれます。

 

《温泉 基本情報》

【湯俣温泉 晴嵐荘(せいらんそう)】

泉質:単純硫黄泉

泉温:48℃

加水:なし

加温:なし

還流:掛け流し

住所:大町市平高瀬入国有林2118

電話:090-5535-3667

料金:500円

営業時間:昼~夕方

定休日:冬期(10月中旬~6月末)

※山小屋のため要確認

 

天然記念物「噴湯丘」と野湯探訪

湯俣温泉は晴嵐荘だけじゃない!

晴嵐荘からさらに上流に歩くと、野湯(のゆ)があるのです。

野湯とは文字通り、河原など自然の中に湧く温泉。人の手によって触れられず、ほったらかしにされている場合がほとんどです。

まさに天然の露天風呂。

しかし辿り着くまで想像以上に険しい道で、山に慣れているつもりの一行もかなり苦戦することに・・・

 

第一の難所!

崩れかけの吊り橋を渡ります。

一見簡単そうに見えるかもしれませんが、斜めに傾いた吊り橋ってかなり危険なのです。

 

第二の難所!

断崖絶壁の道なき道を歩きます。

登山道など、はっきりとした道はありません。歩けそうな場所を探して歩きました。

崖からの落石の危険性もあるので、ヘルメットを持っていくべきでした。

 

第三の難所!

流れの強い川を渡ります。

山岳用語ではこれを渡渉(としょう)と言いますが、経験がある人でないとキツいです。

流れが急な所や水深の深い所では、流されないよう特に注意して!

 

白い物体を発見!

これが天然記念物に指定されている噴湯丘(ふんとうきゅう)です。

ここから温泉が湧出しており、長い年月をかけて温泉成分の塊が作られたのです。

自然のチカラってすごいね!

 

いや~、すごいのひと言・・・

自然が作り上げた芸術作品です。

 

下流に移動すると、もうひとつ噴湯丘を発見。

こちらの方が整ったカタチをしています。

トクトクと音を立てながらお湯が湧いていました。

 

川には湧出した硫黄泉が流れ込み、青白く染まり、神々しささえも感じる光景。

本当に来てよかった!

 

野湯探訪の〆として、河原で自作の露天風呂を作って温泉に浸かることに。

温泉は湧き立てアツアツの熱湯、川の水はキンキンに冷えた山の水。

温度調節が難しかった!

でも、目の前の三俣蓮華岳に沈む夕陽を眺めながらの露天風呂、本当に最高でした。

 

温泉の後は夕食作り!

これも山の楽しみのひとつですね。

今回のメニューは、具だくさん豚汁と信州の地酒。

同じくここでキャンプする皆さんと一緒に、山トークで盛り上がりながら夕飯のひとときを楽しみました。

う~ん、これだから山はやめられない!

 

名残り惜しくも下界へと戻る

早朝のテント場。清々しい空気。

朝風呂にも入れてさっぱりです。

このあと約二時間半かけて、昨日歩いてきた道を戻ります。

 

昨日は気付けなかった景色が見られたりも。

 

最後の長いトンネル。ここを抜ければゴールの高瀬ダムです。

今回の山旅もこれにて終了!

 

歩いてしか行けない秘湯「湯俣温泉」。

行くのは大変でしたが、その分たくさんの感動に出会うことができました。

 

【連載】教えたいけど知られたくない!信州のスキマ温泉めぐり

長野県の温泉地数は224ヶ所、245ヶ所の北海道に次いで日本第2位!ちなみに温泉利用の公衆浴場数は、654ヶ所と日本一を誇っています。

信州の温泉地といえば野沢温泉や渋温泉、別所温泉や白骨温泉などが有名ですね。

この特集ではスキマメンバーの力路郎さんが、少し変わった温泉地をさまざまな視点からご紹介します。

 

 



最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


↓シェアは下のボタンから↓

最近のスキマ記事