ソロキャンプにおすすめな長野県のキャンプ場

伊那市鹿嶺高原キャンプ場

Skima信州ライターのsakanaです。

今回は長野でおすすめのソロキャンプ場をおすすめします。ソロキャンプをテーマにした某アニメやドラマの影響で男性だけではなくソロキャンプをする女性も増えてきました。ソロキャンプは常にずっとひとりなので、ソロキャンプ初心者や慣れない人は緊急事態が発生したときに頼れる管理人がいるキャンプ場がおすすめです。他にも一人の時間が楽しめるような工夫がしてあるキャンプ場を今回ご紹介していきます!

ふれあいの森・廻目平キャンプ場|佐久エリア(佐久穂町)

長野県川上村廻目平キャンプ場と金峰渓谷

佐久エリアにあるふれあいの森・廻目平キャンプ場は金峰渓谷の中にあります。夜には満点の星空が楽しめる好立地。入場料がひとり500円と安くソロキャンプをするのにおすすめです。男女別のコインシャワーがあり3分100円で利用可能。他にもコイン式の洗濯機や乾燥機がありとても便利。

長野県川上村廻目平キャンプ場と金峰渓谷

キャンプ場の近くに金峰川があり川遊びが楽しめます。金峰山は、長野と山梨に架かる山で山頂からは八ケ岳、富士山、南アルプスが一望でき、秋の紅葉は絶景です。

ふれあいの森・廻目平キャンプ場
ロケーション:林間
所在地:長野県南佐久郡川上村 川端下546-2
営業期間:4月下旬〜11月上旬
HP:http://w2.avis.ne.jp/~mawarime/

木崎湖キャンプ場|大町市(北アルプスエリア)

大町市木崎湖キャンプ場

北アルプスエリアにある木崎湖キャンプ場は、木崎湖のそばにあり、バンガロー村とフリーサイトテント村の2種類のエリアに分かれたキャンプ場が設備されています。ソロキャンプを楽しむならフリーサイトテントがおすすめです。高木が多く夏でも涼しんで過ごせる他、木々の間隔が狭いためハンモックやタープの設置も簡単にできることから、ハンモックの上で本を読んだりと一人でもゆったりとした時間が過ごせそうですね。

大町市木崎湖キャンプ場

テント持ち込み料金は大人一人1,300円〜。オートキャンプ設備がないので注意が必要です。売店ではテントが2,000円でレンタルでき、その他にもBBQセットのレンタルができます。2021年4月からテント宿泊のご利用には事前予約が必要になったため注意が必要です。

木崎湖キャンプ場
ロケーション:湖畔
所在地:長野県大町市平森9707−1
営業期間:4月〜11月
HP:http://www.kizakiko.com/index.htm

鹿嶺高原キャンプ場|伊那市(上伊那エリア)

鹿嶺高原キャンプ場

上伊那エリアにある鹿嶺高原キャンプ場では、標高1,800mで平地に比べ気温が10度と低く夏には避暑地としても楽しめるキャンプ場です。頂上の展望台では北アルプスや南アルプスが一望できます。名前の通り鹿嶺高原キャンプ場には鹿をはじめとした多くの動物が生息しています。そして動物との距離が近いキャンプ場だからこそ守らなければいけないルールがあり、食べ物を与えない、ゴミを残さないなど注意が必要です。しかし、こうやって動物と近く触れ合える環境は珍しいので毎年多くの観光客が訪れます。

鹿嶺高原キャンプ場にはソロキャンプ専用のソロサイトがあるのも魅力のひとつ。利用料は1,000円〜。他のキャンプサイトとも距離があるため一人の時間をゆっくり過ごせます。素敵な絶景を独り占めするのもいいですね。

鹿嶺高原キャンプ場
ロケーション:高原
所在地:長野県伊那市長谷非持3817-1
営業期間:GW頃~11月下旬(天候などの都合により前後する可能性があります。)公式HP:https://karei-kogen.com/

鹿嶺高原キャンプ場

陣馬型山キャンプ場|中川村(上伊那エリア)

中川村陣馬型山

上伊那エリアにある陣馬型山キャンプ場は、日本で最も大きい谷といわれる伊那谷を見下ろせる立地にあります。自然の一体型のキャンプ場ではフリーサイトが高さごとに3種類あります。ソロキャンプ専用のソロサイト料金もあり、1,500円〜利用可能。入場料が別途1,000円必要なので注意が必要です。

中川村陣馬型山

キャンプサイトの最上階には360サンロクマルがあり、360度絶景パノラマが楽しめます。中央アルプスと南アルプスの2つのアルプスに囲まれた環境の中ソロキャンプが楽しめますよ。

他にはキャンプサイトは空KUと森MORIがあり、空は中段にあるのんびりできるキャンプサイトです。中央アルプスと伊那谷の抜ける絶景が楽しめます。森はアカマツやカラマツの木々に囲まれ自然に囲まれ時間を忘れるキャンプサイトです。その時の気分や状況に合わせてキャンプサイトを選んでみるのもいいですね。

陣馬型山キャンプ場
ロケーション:山
所在地:長野県上伊那郡中川村大草1636
営業期間:4月1日〜10月31日
HP:https://jinbagata.life

せいなの森キャンプ場 里山CAMPUS|阿智村(南信州エリア)

阿智村せいなの森キャンプ場

阿智村にあるせいなの森キャンプ場 里山CAMPUSは、国道256号線を南木曽方面に車で2分の場所にあります。芝生フリーサイトでソロキャンパー専用のサイトがあります。芝生サイトなため見晴らしがよく夜には阿智村の星空の絶景が楽しめます。2,000円で利用可能。

里山ハンモックサイトと呼ばれる上級ソロキャンパー向けのキャンプサイトも誕生。芝生でのキャンプサイトに比べ人工林により森の中でもソロキャンプが楽しめます。その名の通りハンモックを設置してそこでゆっくり時間を過ごすことも可能。芝生フリーサイトと同価格で利用できますよ。

せいなの森キャンプ場では他にテントサウナと呼ばれる川の上でサウナを時間限定貸切で楽しめる施設やドラム缶風呂があります。こちらも利用してみて、身体も心も癒される時間を過ごすのもいいですね。

せいなの森キャンプ場 里山CAMPUS
ロケーション:里山・林間(ハンモックサイト)
所在地:長野県下伊那郡阿智村清内路2991
営業期間:4月3日から11月下旬の予定
HP:https://www.seinanomori.com/施設情報/里山campusサイト/

おおぐて湖キャンプ場|下條村(南信州エリア)

南信州エリアに位置する、おおぐて湖キャンプ場ではキャンプサイトのすぐ目の前に湖という湖畔ロケーションを存分に楽しめます。ひとり2,500円〜。平日は休日に比べ利用料が安く、できれば人も少なく過ごせる平日に行くのがおすすめ。他にも林間サイトや星見テラスなどの旅館キャンプを楽しめるプランもあります。

おおぐて湖はルアーやフライフィッシングなどのアクテビティも人気。夏にはバス、春秋冬にはニジマスやコイ、フナが釣れるのだとか。平日1時間500円〜参加できビギナー向けのルアーセットも3,000円くらいで販売しています。

おおぐて湖キャンプ場
ロケーション:湖畔
所在地:長野県下伊那郡下條村睦沢7144
営業期間:通年
HP:https://www.lake-oogute.club

長野でソロキャンプを楽しもう!

今回はソロでも楽しめるキャンプ場をご紹介しました!興味のあるキャンプ場は見つかったでしょうか?キャンプ場によって魅力がまちまちなので時間があれば長野のキャンプ場を巡ってみるのもいいですね。日々の喧騒を忘れ一人の時間を大切に過ごすソロキャンプをぜひ長野で楽しんでみてください。

スキマ広告バナー
善光寺門前グルメ藤田九衛門

この記事を書いた人

sakana

旅、コーヒー、映画好きな旅行ライター。長野県上田市在住。東京から長野へやってきた大学生。自分の好きな場所や物を文字におこして伝えることが好き。

最近のスキマ記事