松代「うなぎ処 かゞ井」でこだわりのうなぎ丼をどうぞ。

 

こんにちは、Skima信州編集長の信州さーもん(@goshumemo)です。

長野市松代の老舗うなぎ処 かゞ井さんをご紹介します。

注文が入ってからさばくこだわりっぷりのため、予約してから伺うと良いでしょう。

 

うなぎ処 かゞ井の基本情報

定休日が以前と変わって月曜日になっているのでご注意ください。

当日のご予約はお電話がスムーズ。注文から出来上がりまで1時間ほどかかることもあります。

店名 うなぎ処 かゞ井
所在地 長野市松代町加賀井4262-1
電話番号 026-278-2066
営業時間 ランチ:11:00〜14:00、ディナー:16:30〜20:00
定休日 月曜日(7/1〜8/20は無休、祝日は営業)、12/31,1/1
公式ページ http://www16.plala.or.jp/kagai/

 

アクセスとマップ、駐車場

加賀井温泉 一陽館のすぐ近く。住宅街の中、駐車場は道向かいとお隣に10台分ほどございます。

 

うなぎ処 かゞ井ってどんなお店?

松代のうなぎ屋さんといえば、知る人ぞ知る名店「うなぎ処 かゞ井」。お庭やお店の感じから、元は民家で合ったことが窺えます。

 

 

うなぎ処 かゞ井のメニュー

お品書きはこんな感じ。並は今後なくなる可能性もあるとのこと。

 

こだわりのうな丼(3,800円)

ああ、ふんわりとした身の中にパリッとした皮が光っている・・!

昔ながらの竹串を使い、丁寧に焼き上げます。余分な油を落とすためしばらく蒸し、うなぎの美味しさを引き立てるそうです。

また10キロ1万円以上するお米を直接仕入れ、季節によって炊き方も変えているとのこと。

「美味しいのがうなぎだけではダメ。美味しいご飯の上に乗せてこそ、本当のうな丼になる。」とこだわりを見せていました。

重箱ではなく丼に乗せるのも、出来立ての美味しさを引き立てる工夫なのだそうです。

自分へのご褒美に食べたい、特別な一品でした。ごちそうさまです。

 

炭へのこだわり

ウバメガシを原料とする良質な炭、備長炭を使用しています。煙が出にくく、火力が強い(1,000度)のが特長だそうです。

写真はかゞ井さんのお庭に植えられていたウバメガシ。お店のいたるところにも備長炭と思われる炭が置かれていました。

 

10月初旬〜3月の期間限定メニュー カキフライ(2,300円)

期間限定メニューもオススメ!10月初旬〜3月にのみ食べられるカキフライを注文しました。

レモンをかけて、そのままの味をいただきます。三陸産、鮮度抜群の生食用カキを使用。大粒ながら身がしまっていて美味しかったです。

ぜいたくですが、酒の肴にもぴったり。

 

かゞ井さんまとめ

掲載許可はいただきましたが、正直大きな声では広めたくない「本当の名店」です。

こだわりを感じながら、ゆっくりじっくり味わってください。

 

Skima信州

長野県のニッチな観光情報をお届けするWEBサイト「Skima(スキマ)信州」です!キャッチコピーは「信州のスキマを好きで埋める」。


最後までお読みいただきありがとうございます。
SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。
Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu
Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu

この記事を書いた人

信州さーもん

兵庫県出身長野県在住の信州さーもん。Skima信州編集長。
地名と社寺に興味をそそられると、長野県内のどこでもふらっと行く習性を持っています。御朱印・神社仏閣紹介サイト「ごしゅメモ」を運営。

最近のスキマ記事