【上諏訪】うなぎ 小林でフワッフワの特上うな重をいただく!駐車場あり

諏訪市うなぎの小林

長野県諏訪市の人気店「うなぎ 小林」さんで特上うな重をいただきました!

諏訪湖畔では江戸時代から庶民の食べ物として親しまれてきたうなぎ。今でも湖畔にはうなぎ屋さんが点在し、多くのファンを虜にしています。中でも“人気店”に名を連ねる「うなぎ 小林」さんは、平日でも行列ができる名店です。

諏訪エリアのうなぎを食べ歩いてきた編集長も「これは」と唸る納得のお味!ぜひご賞味ください。

諏訪エリアのうなぎ店まとめはこちら!

「うなぎ 小林」の基本情報

「小林」と名のつくうなぎ屋さんは下諏訪にもあるので注意!こちらは上諏訪です。駐車場はお店の目の前と、斜め道向かいにもあります。

  • 所在地:諏訪市四賀赤沼1958-2
  • 営業時間:11:00~15:00(L.O14:00)17:00~21:00(L.O20:00)
  • 駐車場:あり
  • 最寄駅:茅野駅(車で約10分)
  • 定休日:月曜日、第1・第3火曜日、第2・第4木曜日(公式ページにて要確認)

諏訪の名店「うなぎ 小林」

諏訪市うなぎの小林

平日の昼間にうなぎ 小林さんにやってきました!

11時開店のところ11時半頃訪れたところ、すでに3組ほど待っている方々がいらっしゃいました。店内に案内された後、予約していたらしい方々の注文が先に通っていた様子。結局30分ほど待ちました。小林さんは予約して行った方が良さそうです。

公式ページのおしながきとはお値段がだいぶ異なるので注意してくださいね。

うなぎのお品書き

  • うな丼(2,900円)
  • うな重 上(3,900円)
  • うな重 特上(5,200円
  • 大鰻1匹 特々(5,600円)
  • 金銀鰻重(5,300円)

和風モダンな店内

諏訪うなぎ小林

店内にはカウンター、テーブル、小上がりがありました。和風ながらモダンな内装、オシャレな洋楽のBGMがリラックスしたムードを演出します。テレビには小林さんオリジナルの諏訪紹介ムービーが流れていました。

諏訪うなぎ小林

酒セラー完備

諏訪うなぎ小林

お店の一角にはワインや日本酒を冷やすセラー、ワイングラスがありました。うなぎ屋さんとは思えないオシャレさ。手作りデザートもおすすめだそうです。

お待ちかね!フワッフワのうな重を食べる

諏訪市うなぎの小林

さあお待ちかね!うな重がやってきました。前菜にサラダ、ほかにお吸い物とお漬物が付きます。プラス料金でお吸い物を肝吸いに変更可能。わたしは特上を頼みました。

白焼きして蒸した後、小林秘伝のタレにつけて本焼きをします。箸を入れると何の抵抗もなくスッと切れるほど柔らかく、食べてみるとフワッフワでうなぎの美味しさを改めて実感できました。食べてみると意外とボリュームもあり、大満足。諏訪湖畔の相場よりは少しお高めですが、人気店だけあり損はない美味しさだと思います。

諏訪市うなぎの小林

【諏訪】うなぎ 小林まとめ

諏訪市うなぎの小林

並んでも食べたい名店「うなぎ 小林」。

なるべく待ちたくない方は予約をしてからいかれることをおすすめします。諏訪湖畔のうなぎ店をめぐっていますが、どのお店にも個性があり食べ比べてみると分かることがありました。

今までめぐったうなぎ店は「【諏訪湖畔の鰻】本当においしいうなぎの名店・人気店だけまとめました!」にてご紹介しています。諏訪に訪れた際は、うなぎ店もめぐってみてくださいね。

この記事を書いた人

アバター

信州さーもん

スキマな観光ライター。長野県内外、国外を旅します。長野県観光WEBメディア「Skima信州(http://skima-shinshu.com )」代表。道祖神宿場街道滝ダムため池棚田神社仏閣好きな平成生まれの魚。浅い知識を浅いままに増やしています。企画・アイディアを出すのが得意。たぶん。

高山村

スキマYouTubeチャンネル

スキマな魅力をもっと身近に感じてもらおうと、スキマチャンネルを始めました!
Skima信州でご紹介しているスキマスポットを動画でもチェックしませんか?
よければチャンネル登録よろしくお願いします!