【安曇野】絵本美術館&コテージ 森のおうち【ランチ・カフェ・宿泊OK】

 

こんにちは、Skima信州編集長の信州さーもん(@goshumemo)です。

絵本好きのわたしが年に何度も訪れる安曇野市旧穂高町の絵本美術館 森のおうちをご紹介します。

ポイントは以下の通り。

  • 内観も外観もおしゃれでデートにも使える
  • 絵本の企画テーマがユニーク
  • 1年中楽しめる(冬季閉鎖なし)
  • 雨の日でもOK!
  • コテージで宿泊も可能
  • カフェやランチのみの利用もOK

魅力的ですよね!まずは基本情報から。

美術館へのアクセスと基本情報

基本情報

名称 絵本美術館 森のおうち
所在地 安曇野市穂高有明2215-9
観覧料 大人:800円、小・中学生:500円、3才以上:250円
営業時間 9:30~17:00 (入館16:30)、12~2月:9:30~16:30 (入館16:00)
定休日 木曜日(臨時休館などは、公式ページよりご確認ください)
公式ページ http://www.morinoouchi.com/

駐車場

無料あり(約30台)。

マップ

絵本美術館&コテージ 森のおうちへ

1994年にオープンした絵本美術館。隣にはコテージ、中にはカフェも併設されており、観光・宿泊スポットとしてもオススメ!

結婚式場にも使われる可愛らしい内観と年に数回開催される企画展が魅力です。

季節ごと彩の変化する館内。12月はクリスマス!このエリアは撮影OKなのでSNS映えしそう。

結婚式場にもなるオシャレな館内

メインの階段はウェディングシーンにも活用されます。親しい友人や家族を招いてアットホームなお式になりそう。

新郎新婦はコテージに宿泊も可能とのこと。

森のおうちでの結婚式については同じく公式ページに詳細が掲載されています。

企画展にもこだわり

わたしが何度も絵本美術館を訪れたくなるのは、年に数回変わる企画展のユニークさにもあります。

作家にだけスポットを当てるのではなく、毎回様々な観点から絵本を楽しんでもらおうと工夫された企画が催されているようです。

「夜のおはなし 絵本原画展」〜2019 1/22

現在開催されているのは「夜のおはなし」をテーマにした絵本の原画展。

酒井駒子さんや荒井良二さんなど、人気絵本作家の原画が展示されていました。「夜」をテーマにした絵本について考えたことがなく、また新しく知った作家さんもいて楽しめました。

わたしが購入したのは酒井駒子さんの「はんなちゃんがめをさましたら」。原画も展示されています。

スタッフの方が絵本の意図や用いられた技法についても解説してくださり、絵本の作り方や工夫にも興味が持てます。

他にも、絵本美術館に来ると必ず購入してしまう伊勢英子さんの絵本を購入しました。森のおうちは伊勢英子さんと交流があるらしく、いつでもたくさんの作品が売られています。

また2019年7月あたりからは、伊勢英子さんに関する企画展を開催する予定があると伺いました。楽しみです!

Cafeポラーノ

美術館にはカフェも併設されています。窓から見える景色は森!鳥の鳴き声が聞こえてきそうな、ワクワクする店内です。

注文の多いカレーライス(1,000円)。

メニューも絵本にちなんだ名前になっています。「雨ニモ負ケズとまとごはん」「山猫コック長おすすめ珈琲」など。

森のおうちは、宮沢賢治の作品に影響を受けているようです。

特に、『宮沢賢治』の作品を通じて
“生きとし生けるものの生命の大切さ平等さ、自然との共存”
などをテーマに発信し続けてゆきたいと願っています。

館長の言葉(公式ページより引用)

絵本ショップ「星めぐり」でお土産に絵本を買って帰ろう

一通り展示を見終わったら、きっと絵本が買いたくて仕方なくなっているはず。

厳選された絵本ショップ「星めぐり」ではいつもどれを買おうか頭を悩ませられます。内容も企画や時期によって変化するので何度来ても飽きません。

https://twitter.com/goshumemo/status/1070215567838081025

安曇野「絵本美術館」へ!

1年中楽しめる上、雨の日にもデートにも使える優れスポットとして「絵本美術館 森のおうち」をご紹介しました。

絵本好きの方はもちろん、デートやちょっとした観光でもぜひご利用ください!

その他、信州の美術館や博物館はこちらからご覧ください。

 


長野県のオススメまとめ記事はこちら!

長野県のオススメ極上湯をエリア別にご紹介。

長野県のにごり湯を色別にご紹介。

マニアが選んだ信州の定番観光スポット15選

絶景が見られる信州の神社とお寺16選

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


最近のスキマ記事