【佐久】軽井沢ブルワリーでビール見学を体験してきた!500円で試飲を楽しもう

この記事を書いた人

信州さーもん

信州さーもん

兵庫県出身長野県在住の信州さーもん。Skima信州編集長。
地名と社寺に興味をそそられると、長野県内のどこでもふらっと行く習性を持っています。
御朱印・神社仏閣紹介サイト「ごしゅメモ」と長野県ブロガー信州さーもんの個人ブログ「鮭メモ」を運営。

軽井沢ビールを見学に行こう!

こんにちは、信州さーもん(@goshumemo)です。

私が最近注目している佐久市のおすすめ観光スポットを少しずつご紹介していきます。まずは「軽井沢ビール」で有名な軽井沢ブルワリーさんのビール工場見学&試飲をレポート!軽井沢ブルワリーは佐久インターから車で5分ほどの場所にあります。

 

 

軽井沢ブルワリー工場見学

見学料金:500円(生ビール1杯&お土産缶ビール1本)

※ノンアルコールの方はお土産缶ビール1本+瓶ビール1本

※未成年は保護者同伴で無料(試飲&購入はNG)

団体・当日のご予約はお電話(0120-919-144)にて

前日までのご予約はこちらより

 

予約してから10分前に工場へ

工場見学は完全予約制。当日予約も可能ですが、人数の兼ね合いもあるので早めに連絡しておきましょう。直接行かれた場合は玄関でその旨を伝えると中に入って申込用紙を記入し、空いている回に参加する形になります。

 

実際に稼働している工場の工程に沿って、麦芽の試食などをはさみながら案内してくださいます。

 

工場見学は15分程度

ビール工場とは思えないおしゃれな外観が特徴。最初は入るのに躊躇しましたが、手前の駐車場に停めて玄関チャイムを押します。

 

エントランスもおしゃれ。この工場はニューヨークを拠点に活躍している画伯・千住博のデザインで、館内のいたるところに画伯の作品が展示されています。

 

展示されている絵画は、軽井沢ビールのパッケージデザインにも採用されています。軽井沢ブルワリーの和田社長が軽井沢千住博美術館の展示を見て惚れ込み、交流が始まったのだそう。

 

オフィスもいちいちおしゃれ。ビール工場はこうしたデザイン性の高さから展示館としても楽しめます。

 

 

さーもん
こんなオフィスで働いてみたいものだ!

 

お待ちかねの試飲タイム!

15分の工場見学が終わると、いよいよお楽しみの試飲タイム。

 

この日は「クリア」「ホワイト」「ダーク」の3種類からお好きな生ビールを1杯いただきました。おつまみに柿の種も用意されています。

 

夏はテラスから浅間山を眺めつつ乾杯!なんてこともできますよ。

 

友人はおかわりしていました(笑)

 

さーもん

おかわり1杯300円!ビール好きにはたまらない・・・。

 

お土産もうれしい

(別の場所で購入した佐久の花も映っちゃっていますが・・・)

お土産に缶ビールもいただけます。私は今回ハンドルキーパーだったので、さらに瓶ビールのおまけもありました。ワンコインでこれだけいただいてしまうのはなんだか申し訳ないくらい。元とれてますか?大丈夫?

たった500円で計1時間ほどの大満足プランでした。

佐久市は他にも観光スポットがたくさんあるので、合わせてお楽しみいただければと思います。これから徐々に佐久市の記事も増やしていく予定。夏旅はお酒&スイーツ&温泉&社寺めぐりが楽しめる佐久市へ!

 

女子旅といえば、こちらの記事もおすすめです!

 

 


長野県のオススメまとめ記事はこちら!

長野県のオススメ極上湯をエリア別にご紹介。

長野県のにごり湯を色別にご紹介。

マニアが選んだ信州の定番観光スポット15選

絶景が見られる信州の神社とお寺16選

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


最近のスキマ記事