信州といえば「おやき」!千曲市で個性豊かなおやき女子旅してきた

千曲市観光レポその1_001

信州に来たお友達に、あなたなら何を紹介しますか?

好き嫌いもありましょうが、信州といえば「おやき」をぜひ食べていただきたい!

長野県北部、長野市のすぐ南にある千曲市(ちくまし)には個性豊かなおやき屋さんが点在しているんですよ。

「おやき」といっても中身はもちろん、焼くのか蒸すのか、粉は何を使うかなど百店百色。本来おやきとは、家で作られる家庭料理だったのです。正解はありません。

今回は「マニアックな女子旅」ということで、信州にゆかりのあるイラストレーター兼漫画家のかるめさんと一緒に、個性的なおやき屋さんを巡ってきました!

千曲市観光レポその1_001
千曲市観光レポその1_001

蒸し+焼きが特徴の「旬な菜」

1軒目に訪れたのは手作り工房 旬な菜さん。

北国街道の旧上戸倉宿にある信州おやきと名産あんず商品を扱うお店です。自家農園や近所からいただくお野菜を使って惣菜を作っています。

かるめさんと一緒に、工房を見学させてもらいました!

旬な菜さんのおやき|千曲市
千曲市観光レポその1_001
千曲市観光レポその1_001
千曲市観光レポその1_001

\撮影のウラ側/

旬な菜さんのおやき|千曲市
旬な菜の前で山本さんと一緒に!
旬な菜さんのおやき|千曲市
手作業で1つひとつ丁寧に丸めていました。

▼店舗情報

名称手作り工房 旬な菜
所在地長野県千曲市大字磯部545
定休日土日祝日
営業時間9:00〜13:00
備考オンライン販売あり
公式HPhttp://shunnasai.com/
公式Instagramhttps://www.instagram.com/shunnasai_1130/

▼マップ

蒸しor焼きが両方揃う「色部米菓」

2軒目はかるめさんが子どもの頃に通った思い出のある色部米菓(いろべべいか)さんへ。

こちらは焼きだけでなく、蒸したおやきもあります。

さらにモチモチのおこわやおにぎりもずらっと並んでいました。

さーもん

実は食わず嫌いしていたおこわがあんなに美味しいものだったなんて・・!この後近くを通るたびにおこわ買って帰るようになったのは内緒の話。

千曲市のいろば米菓|かるめさんの漫画レポ
千曲市のいろば米菓|かるめさんの漫画レポ
千曲市のいろば米菓|かるめさんの漫画レポ
千曲市のいろば米菓|かるめさんの漫画レポ
千曲市のいろば米菓|かるめさんの漫画レポ
千曲市のいろば米菓|かるめさんの漫画レポ

\撮影のウラ側/

色部米菓のおやき|千曲市
おばあちゃんとかるめさん。
色部米菓のおやき|千曲市
手作りの様子。

▼店舗情報

名称色部米菓
所在地長野県千曲市桜堂355
定休日土日祝日
営業時間8:00〜18:00
備考売り切れ次第終了

▼マップ

居酒屋で食べるおやきは格別!「おやき七福本店」

最後に訪れたのは上山田温泉街の端にあるおやき七福本店さん。

おやきをおつまみに一杯やりたい、生粋のおやき好きにおすすめしたいお店です。おやきのほかはシュウマイ、餃子、中華そばとシンプルなメニュー。

おやきはなす、にら、おな、あんこの4種類。「おな」とは信州の方言で野沢菜のこと。季節によっては小松菜を指すこともあるそうです。

さーもん

千曲市で夜を過ごすなら、まずは紹介したい七福さん!何食べても美味しいから「とりあえずメニュー全部ください」って言ってください!

おやき七福本店|千曲市かるめさん漫画レポ
おやき七福本店|千曲市かるめさん漫画レポ
おやき七福本店|千曲市かるめさん漫画レポ
おやき七福本店|千曲市かるめさん漫画レポ
おやき七福本店|千曲市かるめさん漫画レポ
おやき七福本店|千曲市かるめさん漫画レポ

\撮影のウラ側/

七福のおやき|千曲市
店主の瀬在さんと記念撮影
七福のおやき|千曲市
注文を受けてから焼いてもらえるよ!

▼店舗情報

名称おやき七福本店
所在地長野県千曲市上山田温泉1丁目56-3
定休日日曜日
営業時間18:30〜22:00

▼マップ

千曲市のおやきは個性豊か!みんなも食べにきてね

ということで千曲市のおやきめぐりは、1人20個以上のおやきやおにぎりを食べたりお土産にしたりとお腹いっぱいの旅になりました。

実は同じ日に千曲市の仏像もめぐっています!乞うご期待!

千曲市の仏像とおやきをめぐるツアー

おばあが好みそうなテーマ、それがSkima(スキマ)信州!

▼千曲市の旅プラン特集はこちら!




この記事を書いた人

Skima信州編集部

Skima信州は「信州のスキマを好きで埋める」をキャッチコピーに長野県のニッチな観光スポットや情報をお届けするローカルWEBメディアです。