野趣あふれる露天風呂で楽しむ強アルカリ性温泉|白馬八方温泉・おびなたの湯

こんにちは、温泉マニア大学生の力路郎(@OfAdriatic10)です。

 

信州を代表する観光地「白馬」。

夏は北アルプスの名峰の頂を目指す登山客、冬は世界的にも有名なスキー場でウィンタースポーツを楽しむ人たちで賑わう。

しかし、実は・・・

白馬には個性的な温泉がたくさん!

特別歴史が古いわけでもなく、あまり有名でもない。

白馬の温泉の魅力は、なんと言ってもその個性的な泉質にあるのだと思います。

 

今回はそのひとつ、白馬八方温泉「おびなたの湯」をご紹介します。

 

強アルカリ性泉のチカラを感じる

白馬八方温泉の歴史は比較的浅いです。

源泉は昭和58年に白馬鑓温泉直下の南股にて採掘に成功したそう。温泉は白馬八方温泉と名付けられ、現在では白馬八方尾根スキー場の麓などに引湯され使用されています。

 

今となっては多くの温泉がある白馬。それでも、この白馬八方温泉が白馬第二に採掘された温泉なのです。白馬の温泉は、最近になって掘られたものが多いというわけですね。

 

ここ「おびなたの湯」は、白馬八方温泉の中でも最も早くからあった施設。白馬大雪渓方面へ行く途中、森の中にぽつりと佇む小さな温泉です。

 

お風呂は男女別の露天風呂が1つずつ。シンプルな施設です。内湯などは無く、大きな露天風呂がドカンとひとつあるのみ。

 

静かな森の中にあるだけあって、抜群の野趣あふれる環境。北アルプス山麓の大自然の中で温泉に浸かれます。

 

真ん中に大きな一枚岩が。この岩の上に男女の仕切りが作られています。

岩の上から源泉を投入。ちょろちょろと小さく音を立てながら、岩を伝って流れ落ちています。ちょっと熱め。

 

泉質はアルカリ性単純温泉。

よくある泉質名。ですが、このアルカリがなんと言ってもここの特徴なのです。

アルカリ度はpH11以上!

これは日本屈指の強アルカリ性泉です。アルカリ性のお湯は美肌の湯として親しまれていますよね。

 

実際、お湯に浸かればそのスゴさはすぐに分かります。

肌の角質が溶けていくような感覚。あっという間に肌がツルツルになって、驚くこと間違いなしです。

うーん、日本一の強アルカリ性泉も納得!スゴイの一言です!

 

お風呂の脇には簡易的な洗い場もありました。登山帰りなどには便利ですね。

もしかすると、シャワーから出てくるお湯も温泉だったかも。こちらも大変ツルツルした覚えがあります。

 

名物「水素風呂」の浴槽も

メインの露天風呂とは別に浴槽がもうひとつ。

「天然水素の湯」という名称の壺湯です。

一人入ればいっぱいになるサイズ。数年前に新しく追加した浴槽のようです。

浸かってみるとトロトロしたアルカリ性のお湯でした。

しかし、メイン浴槽のお湯との違いは特に分からず・・・

 

脱衣所に「天然水素の湯」の説明がありました。

これによると、おびなたの湯の源泉には『水素』が溶存しているそう。

 

「水素は体内に取り込まれることにより、抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待されています。」

水素が含まれているため、美肌効果以外にもさまざまな健康効果があるようです。

白馬八方温泉の新たな名物となりそうですね。

 

風呂場の入り口には飲泉所もありました。強アルカリ性泉を飲んで味わうこともできます。

ほのかに甘味のあるお湯。

売店では温泉水をはじめとして、他にも温泉ミストや温泉ウェットティッシュなども購入可能です。

 

美肌効果など、健康にも良いとされる白馬八方温泉のお湯。

古くから「湯治」という言葉があるように、温泉には身体に良い効果を与えるチカラがあります。

 

冬は雪見露天も楽しめる

現在、おびなたの湯は冬季も営業しています。

雪深い場所にあるので、数年前までは11月上旬から2月末まで冬期閉鎖されていました。

冬だとスキーの後など、温泉でさっぱりできるので良いですね。

 

ご覧の通り、冬場は雪見露天に変わります。夏場はあった洗い場も雪に埋もれてしまいます。

奥に見える真っ白な北アルプスを望みながら、雪の壁に囲まれて雪見露天。

この季節しか味わえない贅沢です!

 

最近は口コミなどで評判が広がりつつある「おびなたの湯」。

僕もよく行っているのですが、どの季節でも賑わっている印象です。

駐車場の車を見ても、その多くが県外ナンバー。長野県を代表する露天風呂と言っても過言ではないかも。

春夏秋冬、季節を感じながら楽しめる露天風呂。

いつ行ってもイイお湯です。

 

《温泉 基本情報》

【白馬八方温泉 おびなたの湯】

泉質:アルカリ性単純温泉

泉温:52.4℃   加水:なし

加温:なし   還流:掛け流し

住所:北安曇郡白馬村北城9346

電話:0261-72-3745

料金:大人600円/小人300円

営業時間:9:00~18:00(夏期)、10:00~17:00(冬期)

定休日:12月中旬~1月中旬、4月上旬

公式ページ:http://hakuba-happo-onsen.jp/obinatanoyu/

 

個性的な温泉が多い白馬。

なかでも、白馬八方温泉の泉質は特筆すべきものだと思います。

白馬に対する温泉のイメージはまだまだ薄いですが、温泉だけでも十分に楽しめる地域です。

登山の帰りに、スキーの帰りに、ぜひ日本屈指の強アルカリ性泉を味わってみては。

 

【連載】教えたいけど知られたくない!信州の温泉・秘湯・野湯特集

長野県の温泉地数は224ヶ所、245ヶ所の北海道に次いで日本第2位!ちなみに温泉利用の公衆浴場数は、654ヶ所と日本一を誇っています。

信州の温泉地といえば野沢温泉や渋温泉、別所温泉や白骨温泉などが有名ですね。

この特集ではスキマメンバーの力路郎さんが、少し変わった温泉地をさまざまな視点からご紹介します。

 



最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


↓シェアは下のボタンから↓

最近のスキマ記事