【松本】安曇3ダム紅葉とダムカードめぐり

こんにちは、Skima信州編集長の信州さーもん(@goshumemo)です。

松本で紅葉狩りをしようと訪れたのは、旧奈川村と旧安曇村。安曇3ダムとも呼ばれる「稲核(いねこき)ダム」「水殿(みどの)ダム」「奈川渡(ながわど)ダム」、松本を代表するダムを中心に絶景スポットを探してきました。

 

安曇3ダム観光プラン

今回の観光プランをまとめてみました。松本市街地に近い順に並べてありますが、お好きなようにカスタマイズしてください!

全て巡ればダムカードも3枚全てもらえるようになっています。

安曇3ダム観光プラン
稲核ダム(撮影は困難!)
水殿ダム(穴場撮影スポット!)
風穴の里(ダムカード配布場所)
奈川渡ダム
入山集落から見る梓湖
ながわ山彩館

奈川周辺の紅葉スポット

例年の見ごろ 10月下旬
おすすめスポット 梓湖、奈川渡ダム、水殿ダム

 

まずは稲核ダムと穴場撮影スポットな水殿ダムへ

稲核ダム、水殿ダム、奈川渡ダムの3つからなる安曇3ダム。まずは市街地よりの稲核ダムと水殿ダムへ向かいます。

ダムカードの配布場所は道の駅「風穴の里」

2つのダムではダムカードを配布しています。配布場所は道の駅「風穴の里」。お土産やさんのレジにて、ダムを訪れた証拠となる写真を見せればいただけます。

稲核ダムは撮影困難・・

絶賛工事中(?)の稲核(いねこき)ダム。駐車場はなく、ダムへの立ち入りもできない様子。

風穴の里で「停車できそうな場所がなかったと思うんですけど・・」と聞いたら「みなさん管理所に停めて、そこから歩いてどうにか撮りに行っているみたいです」と返ってきました。

管理所は駐車スペースが1台分あるかな?といった程度。通行や撮影には十分お気をつけください。

で、なんとか撮った写真がこちら。

風穴の里で写真を見せればダムカードゲットです!

水殿ダムは穴場撮影スポット!

風穴の里から小さな道を下った場所にある水殿(みどの)ダム。絶景ポイントであるにも関わらず人が少ない穴場でした。

紅葉も真っ盛り。ダムの隣には公園もあり、ゆっくりくつろいでいらっしゃる方も見られました。

ダムから見る梓川。市街地の松本からは想像できない豊かさを感じます。

 

風穴の里でダムカードとスイーツをいただく

水殿ダムと稲核ダムを撮影できたら、道の駅 風穴の里へ。

お土産屋さんやお食事処、地元産の素材を使ったジュースやソフトクリームなどもあります。松本市街地と比べるとかなり気温が下がるので上着を用意しておきましょう。

ちなみにこの辺りで電気自動車の充電スポットはここだけ、さらに1台分しかないので待ち時間が長くなることもあります。

エリアマップを手に入れました!ダムカードはレジの方に申し出ましょう。

 

道の駅 風穴の里

所在地:松本市安曇3528-1
営業時間:9:00~17:00

 

絶景!奈川渡ダム

いよいよ3つ目の奈川渡(ながわど)ダムへ。

ちなみに乗鞍高原へ行くにも奈川渡ダムを通ります。紅葉撮影記にもチラッと載せていただいています。

入山集落は隠れた撮影スポット

メンバーから「奈川で紅葉を見るなら”入山集落”がおすすめです!」との情報をもらい、実際に行って見るとこの絶景!奈川渡ダムより一段上がった場所から梓湖を一望できました。

ちなみに撮影したのはこのあたり。小さな停車スペースがありましたが、すれ違いの難しい狭い道なので注意して走行しましょう。

 

奈川渡ダムのダムカードはながわ山彩館にて

奈川周辺のお土産や名産品を購入できるながわ山彩館でダムカードをいただきます。

お土産のほか、お手頃ランチもできる食堂もあります。

私は奈川産・保平かぶの甘酢漬けを購入。やみつきになる味でした。すぐに終わってしまった〜!

ながわ山彩館

所在地:松本市奈川2120-1
営業時間:9:00~17:00

 

おまけ:白樺峠のタカの渡りは秋の風物詩

Photo by Shiokoh。

奈川の秋といえば、タカの渡りも有名。白樺峠は撮影スポットとして、多くのカメラマンが訪れます。ちなみに紅葉期よりも少し早い10月中旬がベストシーズンだそうです。

 

安曇3ダム絶景めぐり まとめ

稲核ダム、水殿ダム、奈川渡ダムを中心にめぐった絶景スポット。ダムはどこも絶景ばかりでめぐるのが楽しいです。

奈川村や旧安曇村の観光スポットはまた別記事にまとめる予定。

 

秋の紅葉めぐりはこちらもご参考にどうぞ!ダムに関する記事も多めです。

 

 


長野県のオススメまとめ記事はこちら!

長野県のオススメ極上湯をエリア別にご紹介。

長野県のにごり湯を色別にご紹介。

マニアが選んだ信州の定番観光スポット15選

絶景が見られる信州の神社とお寺16選

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


最近のスキマ記事