七味温泉 山王荘|松川渓谷最奥の秘湯で紅葉の絶景露天風呂を楽しむ

こんにちは、温泉マニア大学生の力路郎(@OfAdriatic10)です。

 

信州屈指の温泉大国「高山村」。村の中央を流れる松川渓谷沿いには計8つの温泉が点在し、いずれも秘湯ムードの漂う素晴らしい温泉です。

松川渓谷は紅葉の名所としても有名。秋の紅葉シーズンになると、全国からたくさんの観光客がこの地へ訪れます。赤や黄色に輝く山々の絶景が多くの人を魅了させます。

 

その松川渓谷の最奥、深い山峡の地にあるのが七味(しちみ)温泉。7つある源泉の味と色がそれぞれ違うことから、その名が付けられたそうです。昭和36年に電気が引かれるまでは「ランプのいで湯」でもあり、交通の便が良くなった現在でも、深い渓谷を通る険しい道の先にある秘湯です。

七味温泉には旅館や日帰り温泉など、計4つの入浴施設があります。いずれも気軽に日帰り入浴が可能で、松川渓谷の絶景を眺められる露天風呂も楽しめます。今回は、日帰り温泉の山王荘へ、紅葉がピークを迎えた10月下旬に訪れてみました。

 

僕が選んだ信州のオススメ温泉はこちら!

 

高山村最奥の秘湯「七味温泉」で気軽に日帰り入浴

数年前までは旅館だったという山王荘。現在はリニューアルされ、日帰り入浴専門で気軽に楽しむことができます。

高山村最奥の七味温泉の中でも一番奥。それでも、訪れたのが紅葉シーズンということもあり、多くのお客さんで賑わっていました。

 

玄関には小さいテーブルの上に、呼び鈴と料金箱が置かれています。呼び鈴を鳴らすとご主人が来て案内してくれました。

 

廊下の突き当たりを右へ行くとお風呂場があります。館内はリフォームされたばかりなのか、とても新しく綺麗な印象です。

 

お風呂場は日によって男女交替にしているそうです。男女で露天風呂の造りが少し違うので、どちらになるかはその日のお楽しみ。

 

脱衣所も新しくピカピカです。木のぬくもりが感じられて、山奥の秘湯に来たんだなあ・・・そんな気持ちにさせてくれます。

 

松川渓谷の絶景で楽しむ白緑色の濃厚硫黄泉

山王荘には内湯と露天風呂の二つがあります。紅葉シーズンはこの露天風呂が特におすすめ。目の前を流れる松川渓谷の絶景を眺めながら、赤く色付いたモミジの木々に囲まれて湯浴みを楽しむ。この時期にここでしかできない贅沢です。

 

白濁というより、白緑色に濁った硫黄泉です。まるでメロンクリームソーダのよう。硫黄臭はかなり強烈で、お湯の濃厚さは一目瞭然です。

お湯には大きな消しゴムかすのような湯の花がびっしり。このロケーションでこの本格的硫黄泉に浸かれるのは、秘湯ファンにとってこの上ない贅沢に感じます。

 

湯船の真ん中にはこんなものが。この中からお湯がこんこんと湧き出ています。源泉はかなり熱めなので、ホースを使って加水することも可能です。

 

とにかく周りの景色が素晴らしい!

真っ赤に色付いたモミジの木々と、燃えるように紅葉する松川渓谷の山々。紅葉シーズンにはぴったりの信州を代表する絶景露天風呂でしょう。

露天の周りには椅子が置かれているので、入ったり出たりの無限ループ。渓谷の涼しい風が身体に吹きつけます。時間を忘れてゆったりと浸かってしまう、素晴らしい秘湯の露天風呂です。

 

お湯の上にはモミジがゆらゆら。

赤いモミジと白い硫黄泉が織りなす自然のコントラスト。とにかく美しいの一言です。

 

ちなみに・・・冬になればこんな雪見露天も楽しめますよ!

 

こちらは内湯です。小さめの木造湯船に白緑色の硫黄泉がたっぷりと。お湯は少し熱めなのでとても温まります。硫黄の成分で傷んだ鄙び感もたまりません。木造の湯船は秘湯ムードもたっぷりです!

 

鮮やかな緑色のお湯。リッチな気分になります。

 

紅葉シーズンは山奥の秘湯も大盛況!

七味温泉は山奥の秘湯とはいえ、特に紅葉シーズンは全国から多くの人がやって来る人気温泉地です。紅葉とセットで楽しめる温泉はなかなかありません。

 

山王荘には無料の休憩室もあります。皆さん湯上がりはここでひと休み。

 

廊下には有名な大相撲力士のサインも。

 

駐車場脇には高温の源泉がドバドバと出ていました。硫黄臭もプンプンでさいこう。熱湯なので温泉玉子とかも作れそうです。次は卵を持っていってみよう。

 

山の斜面には別の源泉が湧いていました。黄色く色付いた木々の紅葉が美しいです。紅葉が自慢の七味温泉、次は違う季節にも行ってみたいなあ。

 

《温泉データ》

【七味温泉 山王荘(さんのうそう)】

泉質:含硫黄-Ca-硫酸塩泉(硫化水素型)
泉温:65.4℃
加水:なし
加温:なし
還流:掛け流し

 

所在地:上高井郡高山村七味温泉2974-53
電話:026-242-2627
料金:500円
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休

 

松川渓谷を眺めながらの絶景露天風呂。白緑色に濁る濃厚な硫黄泉も魅力です。山奥の秘湯を満喫しに、高山村に行ってみるのはいかがでしょう。

 

写真協力:信州さーもん(@goshumemo

 

七味温泉「恵の湯」の詳細レポはこちら!

 

【連載】教えたいけど知られたくない!信州のスキマ温泉めぐり

長野県の温泉地数は224ヶ所、245ヶ所の北海道に次いで日本第2位!ちなみに温泉利用の公衆浴場数は、654ヶ所と日本一を誇っています。

信州の温泉地といえば野沢温泉や渋温泉、別所温泉や白骨温泉などが有名ですね。

この特集ではスキマメンバーの力路郎さんが、少し変わった温泉地をさまざまな視点からご紹介します。

 

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。
Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu
Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu

最近のスキマ記事