丸子温泉郷 霊泉寺温泉、鹿教湯温泉、大塩温泉|上田の共同浴場めぐり!昭和の時代にタイムスリップ

こんにちは、温泉マニア大学生の力路郎(@OfAdriatic10)です。

 

踏み入れただけでタイムスリップしたような気分になる、そんな鄙びた温泉が大好きです。まるで昭和で時間が止まったような、そんな錯覚を楽しませてくれる温泉。日常から離れたい、ひとりになりたい、何もしないでぼんやりと過ごしたい・・・そう思ったとき、僕は吸い寄せられるように、鄙びた温泉へと向かっています。

ありがたいことに、信州には鄙びた温泉がいっぱい!今回は上田市丸子地区(旧丸子町)の丸子温泉郷にあるオススメ鄙び湯を紹介しようと思います。

 

鹿教湯温泉の名所「五台橋」

丸子温泉郷とは、上田市丸子地区の国道254号線付近に点在する温泉の総称で、「霊泉寺温泉」「鹿教湯温泉」「大塩温泉」の3つの温泉地で構成されています。

3つの温泉に共通することは、とにかく素朴で静かな温泉地だということ。

これが一番の魅力だと思います。上田市街地からは塩田平を経由して、有料の平井寺トンネルを使えばすぐ。松本からも有料の三才山トンネルを使えば案外近いので、山奥でありながらアクセスが良好です。

 

霊泉寺温泉「共同浴場」

霊泉寺温泉ほどタイムスリップした感覚になれる温泉にはなかなか出会えていません!

国道から狭い山道を上っていくと、突如昭和で時間が止まったかのような、懐かしい風情漂う温泉街が現れます。

 

温泉街の中心には共同浴場。コンクリート造りの建物が、なんとも独特な雰囲気を醸し出しています。無人の番台に200円を払って中へ。

 

浴室も素晴らしい鄙び具合。美しい瑠璃色のタイル張り湯船に、無色透明のあっさりとした湯が満たされています。タイルはいい具合に年季が入っており、それがまたレトロな気分を盛り上げてくれてたりも。

 

湯上がりは温泉街をぶらり散策。素朴な旅館が何軒かあるだけの、とても小さな温泉街。その小ささが、自分には調度良いと感じたりもする。初めて訪れたはずなのに、遠い昔に来たことがあるような、そんな懐かしい気持ちになれる温泉でした。

 

《温泉 基本情報》

【霊泉寺温泉 共同浴場】

泉質:単純温泉

泉温:45℃

加水:なし

加温:なし

還流:掛け流し

住所:上田市平井2515-2

電話:なし

料金:大人200円/小人100円

営業時間:7:00~21:00

定休日:なし

公式ページ:http://www.reisenjionsen.com/

 

鹿教湯温泉「町高梨共同浴場」

かけゆ」と読みます。由来はそのまま。「鹿が教えた湯」らしい。(あえて難しいことは言わない)

古くから湯治場として知られており、現在では温泉療養場としても全国的に有名です。

 

温泉街には老舗旅館が並びます。日帰り入浴のできる温泉旅館も多いですが、今回訪れたのは小さな共同浴場。町高梨共同浴場です。温泉街からは少々離れた、住宅地の路地裏にひっそりとあります。

 

力路郎

素朴な外観に期待が高まる

 

地元の人たちが中心に利用している温泉なので、開放してくれていることに感謝して入浴するのが大切ですね。

 

無人の共同浴場、大好き。

 

力路郎
お金は箱に入れる方式

 

お湯は無色透明で、肌に優しそうな滑らかな感じ。ほのかに硫黄臭が香ります。

 

力路郎

シンプルな湯船に惹かれます

 

南向きの大きな窓から差し込む日射しを浴びながらの入浴。至福の時間でした。

 

湯口はライオンかな?湯量も豊富でとても新鮮に感じます。こういう素晴らしい共同浴場、大切に守っていきたいなあ。

 

どこか懐かしい風情が漂う鹿教湯温泉。心身ともに癒される温泉療養場なのかもしれません。

 

《温泉 基本情報》

【鹿教湯温泉 町高梨共同浴場(まちたかなしきょうどうよくじょう)】

泉質:単純温泉

泉温:47.9℃

加水:なし

加温:なし

還流:掛け流し

住所:上田市西内885-1

料金:大人200円/小人100円

営業時間:7:00~21:00

定休日:なし

公式ページ:http://www.kakeyu.or.jp/sotoyu.html

 

大塩温泉「大塩温泉館」

丸子温泉郷の三湯の中で圧倒的にマニアックなのが大塩温泉。大塩温泉館は温泉付き公民館のような施設で、こちらも無人の共同浴場です。

 

「本当にこの中に温泉があるの!?」そう不安になるくらい素朴で渋い外観です。

駐車場は建物の裏の空き地にありました。

 

何ひとつ音のしない館内。知らない人の家にこっそりお邪魔している気分になります。

玄関に置いてある箱に入浴料を入れて中へ。

 

手書きの注意書きに目がいきます。

 

これまたお湯が素晴らしい!源泉温度が低いぬる湯のため、冬場は厳しかったですが、夏場なら長湯もできそうです。新鮮なためか気泡の泡付きもあって感激。泡付きのある温泉というのは信州ではとても珍しいです。

さすがに寒くて長い間居られませんでしたが、15時以降なら加温するようなので、それ以降の時間帯に行くことをオススメします。

 

《温泉 基本情報》

【大塩温泉 大塩温泉館(おおしおおんせんかん)】

泉質:Ca・Na-硫酸塩泉

泉温:38.5℃

加水:なし

加温:あり

還流:掛け流し

住所:上田市西内150

電話:0268-42-1048

料金:大人200円/小人100円

営業時間:14:00~21:00

定休日:毎月15・30日

 

踏み入れただけでタイムスリップしたかのような、昭和で時間が止まったかのような、そんなノスタルジックな風情に出会える丸子温泉郷。懐かしい風景を探しに、あなたも丸子温泉郷へ訪れてみてはどうでしょう。

 

上田市の別所温泉を散策した記事もあわせてご覧ください!

 

 

【連載】教えたいけど知られたくない!信州のスキマ温泉めぐり

長野県の温泉地数は224ヶ所、245ヶ所の北海道に次いで日本第2位!ちなみに温泉利用の公衆浴場数は、654ヶ所と日本一を誇っています。

信州の温泉地といえば野沢温泉や渋温泉、別所温泉や白骨温泉などが有名ですね。

この特集ではスキマメンバーの力路郎さんが、少し変わった温泉地をさまざまな視点からご紹介します。

 

 



最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


↓シェアは下のボタンから↓

最近のスキマ記事