【安曇野】拾ヶ堰じてんしゃひろばの桜と芝桜の撮影スポットガイド

安曇野市拾ヶ堰じてんしゃひろばの桜

安曇野市旧三郷村、春の景勝地「拾ヶ堰(じっかせぎ)じてんしゃひろば」についてご紹介します。

拾ヶ堰は江戸時代後期に作られた、安曇野でもっとも大きな農業用水路です。世界かんがい施設遺産、日本農林水産省の「疏水百選」にも選ばれている歴史ある遺産。

春になると雪解けを始めた北アルプスをバックに、拾ヶ堰を桜並木と芝桜が美しく彩ります。地元の方々は散歩やウォーキングに来られ、市外・県外からは撮影に訪れる方も少なくありません。

そんな拾ヶ堰の桜や歴史を簡単にご紹介します!

拾ヶ堰じてんしゃひろばへの行き方とアクセス

パンフレットや公式HPには「拾ヶ堰(じっかせぎ)」の名前で掲載されることの多いこの場所ですが、Google マップでその通りに調べると別の場所へ案内されるので注意。

「じてんしゃひろば」で調べると一発でたどり着けます。

最寄の豊科駅からは徒歩12分ほど。

北アルプス+桜+芝桜+世界かんがい遺産!

安曇野市拾ヶ堰じてんしゃひろばの桜

約15km続く拾ヶ堰ですが、もっとも有名なのは「じてんしゃひろば」からの景色。特に春には桜並木と芝桜が彩りを見せ、安曇野におけるランドマークのひとつになっています。

真正面に見える山は、常念岳を中心とする北アルプス。用水路が常念岳に続いているかのようなロケーション。当時の人々は、そんなことも計算しながら作ったのでしょうか?

芝桜と桜の見ごろは4月中旬〜下旬

安曇野市拾ヶ堰じてんしゃひろばの桜

拾ヶ堰に沿って広範囲に咲くと、もうひとつの魅力は芝桜。桜に負けず劣らずに存在感を放っています。

見ごろは例年4月中旬〜下旬。平日、休日問わず混み合うのでご注意を。

【世界かんがい施設遺産】拾ヶ堰の歴史と意味

【安曇野】拾ヶ堰じてんしゃひろばの桜と芝桜の撮影スポットガイド

安曇野地域は水源が乏しく、さらに扇状地であったために水がはけやすく、水田を作ることが困難だったそうです。そこで周辺の村々が協力し、たくさんの堰がつくられました。拾ヶ堰はその中でも最大の堰であり、完成当時10ヶ村を潤していたことから「拾ヶ堰」と名付けられました。

水源は木曽・奈良井川。従来の傾斜に沿って流す「縦堰」に対して、拾ヶ堰は等高線上に沿ってほぼ平に流す「横堰」という新しい発想で造られています。15kmにわたる横堰ですが、取水口と終点の烏川との標高差はわずか5m。

世界かんがい施設遺産に認定された理由は、じてんしゃひろばの看板に記されていたので一部引用します。

精密で先進的な設計と高度な技術を用いて、大勢の地域住民の力により造られたこと、また、200年にわたり、水利組合により組織的な維持管理がなされ、地域経済の発展に大きく貢献したことが評価されました。

じてんしゃひろばの看板より一部引用

【安曇野】拾ヶ堰じてんしゃひろばの桜と芝桜の撮影スポットガイド

【安曇野】拾ヶ堰じてんしゃひろばの桜と芝桜の撮影スポットガイド

安曇野市の景勝地にして世界かんがい施設遺産でもある「拾ヶ堰」をご紹介しました。ただ歩いたり走ったりするだけでなく、農業遺産の視点から学ぶのも面白いですね。

春に訪れたい信州のスポットは「季節でさがす(春)」でもご紹介しています!

安曇野市のスキマ記事はこちら

この記事を書いた人

アバター

信州さーもん

スキマな観光ライター。長野県内外、国外を旅します。長野県観光WEBメディア「Skima信州(http://skima-shinshu.com )」代表。道祖神宿場街道滝ダムため池棚田神社仏閣好きな平成生まれの魚。浅い知識を浅いままに増やしています。企画・アイディアを出すのが得意。たぶん。

高山村

スキマYouTubeチャンネル

スキマな魅力をもっと身近に感じてもらおうと、スキマチャンネルを始めました!
Skima信州でご紹介しているスキマスポットを動画でもチェックしませんか?
よければチャンネル登録よろしくお願いします!