これぞ街中の秘湯!究極の路地裏隠し湯系温泉|諏訪・菅野温泉、大和温泉

こんにちは、温泉マニア大学生の力路郎(@OfAdriatic10)です。

 

信州にはたくさんの温泉があって、様々な温泉施設がありますよね。

その中でも僕が一番好きなのは・・・なんと言っても 共同浴場!

地元の人が日常的に利用している、生活に欠かせない存在の共同浴場です。そこで、今回はその共同浴場が信州一多いと言われる諏訪を紹介しようと思います。

 

皆さんは諏訪と聞いて何を思い浮かべますか?

諏訪湖、諏訪大社、御柱、花火・・・

などなど、多くのワードが挙がってくると思います。でも実は、諏訪は日本屈指の温泉大国!至るところに源泉があり、共同浴場の数はなんと別府に次いで全国2位だそう。

(これが全く知られていない…!)

ここでは、そんな温泉大国 諏訪 にある、普通の人はなかなか訪れないような渋~い共同浴場を紹介します。

 

菅野温泉(下諏訪)

下諏訪と言えば、諏訪大社の門前町。

また、中山道と甲州街道の宿場町として栄えた歴史もあります。この街には観光客は知らない、地元の人たちに愛されている、ディープな共同浴場がいくつかあります。

 

こちらは菅野(すげの)温泉

下諏訪温泉の共同浴場の中でも、屈指の渋さを誇っています。入口からさっそくディープな予感。暗い通路の先に温泉があります。

 

力路郎
年季の入った脱衣所!

 

入り口には昔ながらの番台、脱衣所に入れば見たことない年代物の体重計など、異世界間に圧倒されられる気分。

胸が高鳴ります!

 

 

力路郎
う〜ん、素晴らしい!

 

浴室のど真ん中にはタイル張りの楕円形湯船。お湯は無色透明。あまり特徴はないけど、肌触りの良いなめらかなお湯です。

あぁ、なんだか懐かしい気持ち。湯上がりもホカホカです。

 

《温泉 基本情報》

【下諏訪温泉 菅野温泉(すげのおんせん)】

泉質:Na・Ca-硫酸塩・塩化物泉

泉温:56℃   加水:あり

加温:なし   還流:掛け流し

住所:諏訪郡下諏訪町大社通3239-1

電話:0266-27-1076

料金:大人230円/小人110円

営業時間:5:30~22:00

定休日:なし

公式ページ:https://shimosuwaonsen.jp/item/751/

 

 

力路郎
水じゃなくて ”温泉” です。

 

下諏訪の街中を歩いていると、至るところで温泉が出ていました。水だと思って安易に触れたら熱湯でびっくり!こういう所からも、温泉大国 諏訪 のチカラを感じました。

 

大和温泉(上諏訪)

下諏訪と同じく、お隣の上諏訪(諏訪市)も温泉地。こちらは多くの旅館やホテルが建ち並び、温泉街らしさ溢れる賑やかな雰囲気です。「千人風呂」で知られる片倉館などは有名ですね。

 

 

力路郎
駅のホームに足湯がある!

 

しかし、ここで紹介したいのは地元密着系の共同浴場。諏訪には80を超える共同浴場があると言われますが、ほとんどが地元の人専用で、観光客などの外来者は入浴が出来ません。そんな中、誰でも入浴を受け入れてくれる大和温泉は貴重な存在です。

 

地図を頼りに大和温泉までやって来たものの、周りは完全に普通の住宅街です。しかも入り口がかなり狭い!まるで秘密基地の入り口のような雰囲気です。最初はうっかり通り過ぎてしまうかもしれません。

 

 

力路郎
温泉発見!冷蔵庫も?

 

入口の狭い通路を抜けた先、中庭のような場所にお風呂場の扉があります。う~ん、いいね!人んちにお邪魔した気分です。ここでお金を払って、いざ入湯。

 

エメラルドグリーンのお湯!まるでここだけが別世界のような雰囲気です。住宅街の中の「隠し湯」みたいです。エメラルドグリーンに色付いたお湯が、珍しいステンレス製の湯船に注がれる。見ているだけで幸せな気持ちになれます。

 

 

力路郎
壁にはたくさんの魚が!

 

泉質は単純硫黄泉。トロリとしたなめらかなお湯です。しっかりとした硫黄臭も感じられて、狭いながらもゴージャス気分が味わえます。壁には魚の模型?があって、なんと、シーラカンスっぽいのもいました。地元の常連さんたちも次々と入りに来ていて、愛されている人気の温泉なのだと分かります。

 

《温泉 基本情報》

【上諏訪温泉 大和温泉(やまとおんせん)】

泉質:単純硫黄泉

泉温:69℃   加水: なし

加温:なし   還流:掛け流し

住所:諏訪市小和田17-5

電話:0266-52-3659

料金:大人300円/小人130円

営業時間:7:00~22:00

定休日:なし

 

大和温泉の近くには「湯小路」という名の信号が。こういう所からも、諏訪は “湯の街” だということが実感できます。諏訪には温泉というイメージが無かった、という人も多いかもしれません。ぜひ温泉にも注目して、ディープな諏訪を楽しんでみてはいかが。

 

 

【連載】教えたいけど知られたくない!信州の温泉・秘湯・野湯特集

 

長野県の温泉地数は224ヶ所、245ヶ所の北海道に次いで日本第2位!ちなみに温泉利用の公衆浴場数は、654ヶ所と日本一を誇っています。

信州の温泉地といえば野沢温泉や渋温泉、別所温泉や白骨温泉などが有名ですね。

この特集ではスキマメンバーの力路郎さんが、少し変わった温泉地をさまざまな視点からご紹介します。

 

 

諏訪の観光といえば、こちらもおすすめ!

 



最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。

Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu

Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu


↓シェアは下のボタンから↓

最近のスキマ記事