体験談付き!長野県で混浴ができる日帰り温泉まとめ

地獄谷温泉「後楽館」

混浴というとカップルや家族で入っている姿をイメージする方も多いかと思います。しかし元々温泉は自然にたまった場所にできるもの。男女の区別はなく、浴槽もひとつしかないことが当たり前でした。現在では混浴風呂を新たに作ることはできず、混浴もどんどんと姿を消しています。

つまり現在残る「混浴」は貴重で良質な温泉である証拠ともいえるのです。長野県には、そんな本来の「温泉」や「共同浴場」の姿を保つ施設が数多く残っています。

このページでは、そんな長野県に残る混浴に入れる施設をご紹介します!カップルで、友人同士で、家族で、おひとりでも、一度は入ってみたい温泉をまとめました(北信エリアからエリア別になっています)。

女性目線のコメントです。男性はその限りではありません、あらかじめご了承ください!

屋敷温泉「秀清館」(露天風呂混浴)|栄村

屋敷温泉「秀清館」栄村秋山郷

まずは長野県最北端、栄村の秘境「秋山郷」にある屋敷温泉「秀清館」。内湯は男女別、露天が混浴です。一度服を着替えて入り口手前の外湯に入ります。出入りする人から丸見えなので、女性にはハードルが高いかもしれません。わたしは入る勇気が出ませんでしたが、入った方もいらっしゃいます。

お湯の色は日によって異なり、酸化すると透明からミルキーグリーンに変わります。

屋敷温泉「秀清館」

所在地:栄村屋敷

入湯料:大人600円、小人(4歳以上)300円

営業時間:11:00~15:00

地獄谷温泉「後楽館」(露天風呂混浴)|山ノ内町

地獄谷温泉「後楽館」

スノーモンキーで有名な地獄谷温泉。おサルの入れる温泉とは別に、後楽館では人間も温泉に入ることができます。男女別の内湯があり、露天が混浴。宿泊者限定の貸切風呂もあります。

ただスノーモンキーを見に行く観光客からは、遠目に丸見え。運が良ければおサルと混浴もできます。

地獄谷温泉「後楽館」

住所:山ノ内町平隠6818

料金:大人800円/小人400円

営業時間:12:00~15:00

定休日:不定休

公式ページ:http://www.jigokudanionsen.com/

松川渓谷温泉「滝の湯」(露天風呂混浴)|高山村

高山村の松川渓谷温泉「滝の湯」は、その名の通り川や滝の音が聞こえる野天風呂。広めですが、お湯が透明に近いのが難点。バスタオルを巻いて入ることができ、乾燥機もあります。女性側には内湯もありますが、やはり露天風呂の方が気持ち良いです。

紅葉シーズンを外せば、運良く独り占めできることも!

松川渓谷温泉「滝の湯」

所在地:高山村奥山田3681-377

休館日:不定休

営業時間:10:00〜18:00(入浴受付時間:10:00〜17:00)閉門18:00

入浴料:大人500円、小学生以下300円、3歳以下無料

加賀井温泉「一陽館」(露天風呂混浴)|長野市松代

長野市松代にある加賀井温泉「一陽館」は内湯が男女別、露天が混浴です。露天風呂までは脱衣所から外へ出て歩いていく必要があり、正直私には難易度が高すぎる場所。内湯には何度も入っていますが、いまだ露天に入れたことがありません。先日の台風で休館していましたが、復旧しました。よかった!

バスタオルを巻いて入ることもできますが、おそらく真っ茶色になって使えなくなります!混浴できずとも、ぜひ行っていただきたい五つ星の温泉です。

加賀井温泉「一陽館」

所在地:長野市松代町東条55

営業時間:8:00~20:00(休憩8:00~16:00) 

入浴料:大人300円/子供100円/休憩750円

鹿教湯温泉「ふぢや旅館」|上田市

上田市鹿教湯温泉

上田市にある鹿教湯温泉「ふぢや旅館」。男女別になっていますが、男湯は混浴も可能。女性はどちらに入ることもできるようになっています。女湯と男湯の間はうっすらと見えたり、窓から角度によっては女湯のはしっこが見えることも。往時の遊び心を感じる温泉です。

鹿教湯温泉「ふぢや旅館」

所在地:上田市鹿教湯温泉1373-3

入浴料:800円

入浴可能時間;10:00~15:30

公式HP:http://www.fujiya-ryokan.com/

姫川温泉「朝日荘」|小谷村

姫川温泉「朝日荘」小谷村

新潟県との境、小谷村の姫川温泉「朝日荘」。プールのように大きな浴槽に、これまた大きな岩がドーン!ドドドド〜っと流れ落ちる温泉。長野県ではほかに類を見ない珍しいタイプの温泉だと思います。

左右に男女別の脱衣所があり、大浴場が混浴(女性のみの時間帯もございます)。岩がカモフラージュになり、離れて入ればあまり混浴を意識せずに入れるかと思います。

女性は別に洞窟風呂(岩風呂)もあり、雰囲気のある温泉でした。さらに屋上には男女別の露天風呂があり、運が良ければ大糸線の電車が通っている姿が見られます。

姫川温泉「朝日荘」

所在地:小谷村北小谷9922-3

入浴可能時間:8:00~20:00

入浴料:600円

白骨温泉「泡の湯」(露天風呂混浴)|松本市

松本市の白骨温泉「泡の湯」は、長野県で一番混浴のハードルが低く、カップルやご夫婦の多い温泉だと思います(私見ですが)。内湯は男女別、露天風呂が混浴になっています。内湯は透明な源泉掛け流しがあり、泡付きがよく質の高い温泉。

乳白色で中が見えないこと、入り口手前にのれんがあり、先に入ってから外に出られること、露天風呂自体がかなり広いことが理由です。

白骨温泉「泡の湯」

所在地:松本市安曇4181

料金:大人1,000円/小人600円

営業時間:10:30~13:30(14:00退館)

定休日:公式ページ参照

公式ページ:http://www.awanoyu-ryokan.com/

白骨温泉「かつらの湯 丸永旅館」(露天風呂混浴)|松本市

泡の湯と同じく白骨温泉にある「かつらの湯 丸永旅館」。内湯が男女別、露天風呂が混浴になっています。泡の湯と比べるとかなり小さな浴槽ですが、同じく階段でお湯の中に入ってから外に出ることができます。

ただしわたしの行った時にはお湯がやや透明でした。この時は勇気が出ず、露天風呂は足だけ入りました。

体験談付き!長野県で混浴ができる日帰り温泉まとめ

長野県で混浴ができる温泉をまとめてみました。混浴はどんどん少なくなり、貸切温泉として残っているところもいくつかあります。貸切温泉はまた別記事にまとめる予定なので、チェックしてくださいね。

教えたいけど知られたくない、長野県のおすすめ温泉まとめは下のリンクからどうぞ!


最後までお読みいただきありがとうございます。
記事は更新当時の情報です。最新の情報は公式ページなどでお確かめください。 SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。
Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu
Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu

高山村

スキマYouTubeチャンネル

スキマな魅力をもっと身近に感じてもらおうと、スキマチャンネルを始めました!
Skima信州でご紹介しているスキマスポットを動画でもチェックしませんか?
よければチャンネル登録よろしくお願いします!

この記事を書いた人

信州さーもん

長野県観光メディア「Skima信州(@skima_shinshu )」神社・お寺と御朱印ブログ「ごしゅメモ(http://goshumemo.com )」「旅する鮭朝」とかやってる平成生まれの魚。兵庫県出身信州在住。一本桜、宿場と街道、滝、地名、温泉、御朱印、ダムカード。長野の観光に関するお仕事、お待ちしています!