コーヒー豆が買える!上田市で巡るおすすめコーヒー屋5選

上田市uni coffee

お店で珈琲を楽しむひと時は私にとって落ち着くひととき。

しかし、最近ではコロナの感染拡大によりお店に訪れることも少なくなってきてしまいました。そこで、家でコーヒーを飲むことが最近のマイブームに。簡単に家でお店の味を楽しめるようにコーヒー豆やドリップパッグを売っているお店もたくさんあります。今回は私が住むここ長野県上田市でおすすめしたいコーヒー豆を販売しているお店を紹介します!

TORTOISE COFFEE BEANS BY UNITE

上田駅前の大通りの坂沿いにあるコーヒー店「TORTOISE COFFEE BEANS BY UNITE」。長野県大町市のコーヒー専門店「UNITECOFFEE」で修行していたオーナーが自家焙煎豆で作ったコーヒーを提供しています。深煎りから浅煎りまで多種多様なコーヒーが楽しめます。他にも水出しコーヒーや、ブレンドコーヒーなども充実。

コーヒーの知識があまりなかった当時、オーナーがわかりやすくコーヒーの特徴を教えてくれました。気さくな人なので、気になるコーヒーがあればどんな味なのか聞いてみてはいかがでしょうか?店内にあるコーヒー世界地図も自分にあったコーヒー豆の参考になりますよ。

オリジナルのオンラインストアがありお店でいただけるコーヒー豆を100gから販売しています。もちろん店でもコーヒー豆を買うことができますよ。1ヶ月ごとに3種類のブレンド豆と、おすすめの豆の400gのコーヒー豆を発送してもらえる3ヶ月定期便もオンラインショップにて8,200円で扱っているので毎日家でコーヒーを楽しみたい人におすすめです。

TORTOISE COFFEEのオンラインショップはこちら

VACILANDO COFFEE

笑顔が素敵なオーナーがいるコーヒー屋「VACILANDO COFFEE」はひとりでふらっと立ち寄ってみたいカフェのひとつ。なぜならオーナーが気さくに話しかけてきてくれるからです。店内の席前でドリッパーでコーヒーを作ってくれる様子を見るのもまた良いです。定休日は水曜日なので水曜日以外に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?帰り際店先の外まで手をふって見送ってくれるオーナーのやさしさが感じられる温かいお店です。

公式ホームページをみるとVacilando(ヴァシランド)とはスペイン語で「どこへ行くかよりも、どんな経験をするかという過程そのものを大切にする旅」という意味だそうで、コーヒーやお店を通じて出会い・繋がりなど心躍る経験をしてほしいというオーナーの思いが込められています。その気持ちあってか店内は不思議と会話ができる作りになっています。

コーヒーと一緒に日替わりケーキやパンをいただけます。ケーキは東御市にあるクリシェのもの、パンは佐久市、浅間サンライン沿いにあるパン・トゥルーべのものが提供されています。コーヒーと一緒に何か楽しみたい方はぜひお食事もいっしょにいかがでしょうか?さらに店内では、ドリッパッグやコーヒー豆を購入することも可能。もし店内で待つのが苦手であれば、公式LINEから前もってコーヒー豆の購入予約ができますよ!

vacilando coffeeの公式ホームページはこちら

亀山珈琲焙煎所

ブレンド3種類と7カ国10種類のコーヒー豆が常時揃えてある、亀山珈琲焙煎所は上田市の柳町近くにあります。2019年8月にオープンしました。浅煎りから極深煎りまで全5段階の煎り種類に分かれて売られているため、産地だけではなく焙煎方法によるコーヒーのわずかな味の違いなど楽しめます。家でのコーヒータイムに特化したコーヒー豆店なので家でコーヒーを飲むことが多い人や、通なコーヒー豆を楽しみたい人にはおすすめです!

もちろん喫茶メニューがあり、店内で過ごすこともできます。店内で味わって気に入ったコーヒー豆をその場で購入できるのも楽しみ方のひとつではないでしょうか。さらにおすすめしたいのが、コーヒーを使ったちょこっとフード。珈琲ゼリーは数量限定なので早めにいただきたいですね。定休日は毎週金曜日お間違いないように訪問しましょう。

公式オンラインショップでは、店頭にも並んでいるドリップバッグやコーヒー豆が購入できます。100g,200g,300gの3種類量り売りがされています。そして、焙煎方法、産地、品種、精製法、味わいなど詳しく豆の情報が書かれているので選ぶ時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

亀山珈琲焙煎所の公式ホームページはこちらから

亀山珈琲焙煎所のオンラインショップはこちらから

重澤珈琲

ここ重澤珈琲は、上田市にある上田映劇と呼ばれる小さな映画館の中に建てられた、2020年10月オープンの新しいコーヒー屋さんです。営業時間は朝の8時から夕方の18時まで。不定休日ですが、上田映劇の営業日に合わせてオープンしているので比較的閉店日は少ないです。コーヒーを飲みながら映画に浸りたい方におすすめです。

オーナーはもともと上田市に住んでいたこともあり、一度東京へ働きに行ったそうですが戻ってここ上田でコーヒー店を開いたそうです。上田のことをよく知るオーナーとお話しをしながらコーヒーを楽しむのもいいですね。気がついたら常連客になっていることもあるかもしれません。

ネルドリップでいただく珈琲は一燈や余白、揺らぎなど個性的な名前がついています。産地や焙煎方法で選ぶコーヒーも良いけれど、まるでレコードのジャケ買いのように名前で飲むコーヒーの種類を決めるのもおしゃれですよね。上田は学生も多い街なので、学生割があり大学生まで安い値段で飲めるのも魅力的。

もちろんオンラインショップからコーヒー豆を購入することもでき、100g1,000円代で購入可能です。

重澤珈琲のオンラインショップはこちらから

uni coffee stand

「お家で淹れても美味しいコーヒー」がモットーのuni coffee standは柳町の近くにあります。このコーヒー屋にはブレンド、焙煎、うまみの3つのこだわりがあります。ブレンドでは、どの生豆をどう焙煎しどうブレンドするか研究に研究を重ねた味を楽しむことができる特徴があります。焙煎では、コーヒー本来のうまみを引き出すオリジナルの焙煎方法を用いています。最後に、うまみではニューヨーク州ブルックリンで行われたコーヒーイベントにて多くの現地の人々にuni coffee standのうまみを味わってもらったそうです。そこで約半年間販売されました。

上田市uni coffee

オンラインショップではアーティスティックな絵柄をあしらった紙バッグに入っているドリップコーヒー、コーヒー豆が販売されています。おすすめしたいのが、飲み比べお試しセットです!uni coffee standで扱っているコーヒーを50gずつ4種類セットでオンライン限定商品が2,000円ほどで販売されています。さらに送料が無料なところが嬉しいです。

上田市uni coffee

さらにuni coffee standではコーヒー以外のドリンクも充実しています。冬は、アガベシロップの入ったカフェラテやティーラテを楽しむことができ、数種類のシロップから味を選ぶことができます。例年、夏になると、色が変わるバタフライピーやピンクレモンスカッシュもいただくことができますよ。

uni coffee standのオンラインショップはこちらから

コーヒーで心も身体も温まろう

上田市uni coffee

今回は長野県上田市のコーヒー豆も買えるコーヒー屋を紹介してきました。行ってみたいお店は見つかったでしょうか?どれもただコーヒーを販売しているだけではなく販売する背景やテーマや思いがあるのも魅力的ですよね。ぜひ、お店のオーナーと仲良くなってコーヒーの知識を深めてみてください。この記事があなたのコーヒー屋巡りの参考になればと思います。

スキマ広告バナー
善光寺門前グルメ藤田九衛門

この記事を書いた人

アバター

sakana

旅、コーヒー、映画好きな旅行ライター。長野県上田市在住。東京から長野へやってきた大学生。自分の好きな場所や物を文字におこして伝えることが好き。

記事を検索する

高山村

スキマYouTubeチャンネル

スキマな魅力をもっと身近に感じてもらおうと、スキマチャンネルを始めました!Skima信州でご紹介しているスキマスポットを動画でもチェックしませんか?チャンネル登録よろしくね。

最近のスキマ記事