”初めての信州旅行”におすすめなスポット22選

長野県を観光しよう!

長野県は全国4位の面積を誇り、有名・人気な観光スポットがいくつもあります。

基本を知らずして応用なし、ってことでここでは長野県をよく知らない方のために、人気・定番の観光スポットを22個選んでみました。

先に言っておくと、絞るのにだいぶ苦労しました。メンバーで話すと「ここもいい」「あそこも有名」とあちこち出てきますが、結局「みんなが知っているのはこのあたりかなあ?」と想像でご紹介することに。

長野県の温泉・秘湯めぐり

長野県といえば温泉!と考える方も多いはず。

スキマ信州では、マニアがこだわって選んだ上質な温泉・秘湯をまとめています。

野沢温泉|野沢温泉村
地元で愛される十三湯めぐり
長野県北部、野沢温泉村の野沢温泉。無料で入れる十三湯の共同浴場が魅力。冬はスキーのあとにあつ〜いお湯に浸かって身体を温めよう。
湯田中渋温泉郷|山ノ内町
ノスタルジックな風情がたまらない
信州屈指の大温泉地「湯田中渋温泉郷」。温泉郷内には個性豊かな9つの温泉があり、海外からの観光客も多い有名観光地となっています。
別所温泉|上田市
お寺と温泉を静かに楽しむ大人の街
数多くの神社仏閣があることから「信州の鎌倉」とも称される別所温泉。その歴史はかなり古く、信州最古の温泉といわれています。
白骨温泉|松本市
石灰石を含んだ乳白色のお湯
北アルプスの秘境、まさに深山幽谷という言葉が似合う場所にある白骨温泉。真っ白に白濁したお湯は、県内外によく知れ渡っています。

山ノ内エリア

「山ノ内町」と聞くと馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、「志賀高原」「湯田中渋温泉郷」「地獄谷温泉スノーモンキー」などを人気観光スポットを有するエリアです。

志賀高原
スキー、紅葉、温泉あり!
志賀高原は日本屈指のスキースポット。山ノ内町にあります。近くには「スノーモンキー」でおなじみの地獄谷温泉、さらに麓へ行くと渋温泉郷も。
地獄谷温泉「スノーモンキー」
温泉に入ったサルが大人気
山ノ内町の地獄谷温泉の猿、スノーモンキー。「温泉に入る猿」が見られる場所として外国人観光客にも人気のスポットです。
湯田中渋温泉鄕
豊富な温泉の種類が魅力
渋温泉、角間温泉、湯田中温泉など9種類の温泉に入れる湯田中渋温泉郷。宿泊すれば九湯めぐりなども楽しむことができます。
竜王ソラテラス
雲海テラスから絶景を眺める
「雲海絶景スポット」として人気な竜王ソラテラス。冬は竜王スキー場になります。雲海に浮かぶ絶景が見られるソラテラスはSNS映えスポットがたくさん!

長野市周辺エリア

善光寺
長野県屈指の観光スポット
県外民なうちの祖母2人とも「観光ツアーで何度か参拝した」と言っていた善光寺。国内はもちろん、海外からの団体観光客があとを絶ちません。
戸隠神社
戸隠古道を歩く
長野県の観光スポットとして「戸隠」の名を覚えている方も多いでしょう。観光スポットの戸隠神社は中社、奥社、九頭龍社、火御子社、宝光社の五社からなり、戸隠そばも有名。

軽井沢エリア

長野県民が気合を入れて買い物に行くなら、長野県では軽井沢アウトレットショッピングモールしかありません。たぶん。旧軽井沢周辺は別荘地としても有名。少しおしゃれな観光を楽しみたい方におすすめ。写真は「白糸の滝」、自然も満喫できます。

小布施エリア

長野県のおしゃれな観光スポット、小布施(おぶせ)。スイーツ屋さんや酒蔵めぐりもでき、栗が有名。葛飾北斎が晩年を過ごした街として多くの史跡が残っています。他県からも多くの視察が訪れるほど「観光地化のモデルプラン」でもあるイメージ。

上田エリア

最近さらに認知度を上げてきた上田市。2016年の大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田信繁(幸村)の父・昌幸が築城した上田城は一時期駐車スペースがなくなるほどの人気ぶりを見せました。

最近は少し落ち着いてきたので今がチャンス!海野町商店街や柳町など、歩いて楽しい通りも一緒に楽しむとなお楽しい。

上田城跡公園
市街地で歴史と文化を感じる
真田幸村(信繁)公の父・昌幸が築城した上田城。現在は城跡公園になっています。春は「上田千本桜まつり」が開催され、桜のライトアップもオススメ!
別所温泉
信州の鎌倉・別所温泉
長野県では最古レベルの温泉街。雰囲気が良い神社仏閣も多く、温泉とともに別所温泉単体で充分楽しめます。

白馬エリア

スキーシーズンには多くのスキー客が訪れる白馬村

どーんと眼前に広がるアルプスの美しさ、村のどこにいても絶景が見られる素晴らしいスポット。

青鬼集落
鬼の棲む集落
白馬村の北にある青鬼(あおに)。重要伝統的建造物群保存地区にも指定される景勝地。白馬へお越しの際はこちらもぜひ!
姫川源流
千国街道のオアシス
長野県糸魚川市へと流れ出る一級河川・姫川の源流が白馬村にあります。隣の親海湿原とセットで絶景を楽しめるスポット。
白馬栂池高原(春〜秋)
標高1,900mの高層湿原
白馬北尾根高原(春〜秋)
標高1,200mで楽しむ「絶景の足湯」
「夏の白馬」を楽しむスポットを詳しくご紹介!
白馬エリアの人気スキー場ランキング

安曇野エリア

NHK朝の連続ドラマ「おひさま」のロケ地として有名になった安曇野(あづみの)。どんな景色も北アルプスをバックに撮れる抜群のロケーションも魅力のひとつ。主な観光地は水の美しい大王わさび農場や美術館めぐりなど。軽井沢を思わせるおしゃれな別荘地にもなっています。

松本エリア

松本城
上高地と共に松本市の定番観光スポットにピックアップされた松本城。とにかく美しい。
観光客は上りますが、意外と地元の方は「中に入ったことがない」とおっしゃる方も。松本市街地は街歩きが楽しいので、横道にどんどん寄り道しましょう!
上高地
避暑や観光、登山など目的は多々あれど、夏になると多くの方で賑わう上高地。松本から岐阜県高山市の方へ抜ける道の途中にあります。
もともとの地名は「神垣内」。穂高神社の奥宮も鎮座する神聖な場所です。

木曽エリア

宿場町としての面影を残す奈良井宿や阿寺渓谷、寝覚めの床など名所が木曽路に沿って並びます。

東海圏からのアクセスも良く、ツーリングスポットとしても人気。

寝覚の床|上松町
浦島太郎・寝覚の地
木曽路エリアの国指定名勝・寝覚めの床。浦島太郎が玉手箱を開け、その後余生を暮らした伝説が残ります。
阿寺渓谷|大桑村
阿寺ブルーの絶景
阿寺ブルーと称される美しい川が見られる阿寺渓谷。奥のキャンプ場まで絶景スポットが点在しています。夏は川遊び、秋は紅葉スポットとしても人気。
柿其渓谷|南木曽町
南木曽町の絶景スポット
柿其(かきぞれ)渓谷は、南木曽町の絶景スポット。ハイキングがてら、エメラルドブルーに輝く川と滝が見られます。
奥木曽湖|木祖村
木祖村の穴場絶景スポット
木祖村の「味噌川ダム」と奥木曽湖はスキマ絶景スポット。夜は満天の星も眺めることができ、カメラマンには密かな人気の場所。

諏訪エリア

諏訪湖周辺は諏訪大社や諏訪湖をはじめ、歩いて楽しめる観光スポットがたくさん。

Skima信州では5つの蔵が密集する「五蔵めぐり」や、渋い共同浴場をご紹介しました。

諏訪大社四社
諏訪信仰の総社、信濃国の一宮でもある諏訪大社。諏訪大社と呼ばれる社は四社あり、それぞれ上社本宮、上社前宮、下社春宮、下社秋宮と続きます。
諏訪五蔵めぐり
上諏訪駅周辺に立ち並ぶ酒蔵をめぐる
上諏訪駅周辺は酒蔵や共同浴場も多く、観光地として楽しめるエリアです。

ビーナスライン

美ヶ原から霧ヶ峰、車山高原、蓼科高原、白樺高原などを結ぶ道をビーナスラインと呼びます。とにかく圧倒的な景色の良さ、ツーリングやドライブにおすすめ。家族連れには長野県でも数少ない遊園地「白樺湖ファミリーランド」も人気。

千畳敷カール

南部エリアで人気な千畳敷カールは、駒ヶ根市と宮田村の境にあります。春や夏は高山植物、秋には紅葉、冬には雪景色を楽しむことができます。ロープウェイで標高2,612mまで気軽に上ることができ、高山ハイキングにもおすすめ。

天竜峡

天竜峡は南信の定番観光スポットとして、夏も冬も楽しんでいただけます。天竜峡を下って秘境駅におろされる天竜ライン下りも人気!冬はコタツに入ってまったり、夏は天竜舟下りで豪快に楽しみましょう。

阿智村

ラストを飾るのは長野県のほぼ南端、阿智村

最近東海圏を中心にグイグイ観光客が訪れていますね。星空、花桃、昼神温泉などコンテンツもおしゃれ。

スキマでは珍しく定番をおさえた記事を書いているのでそのままご参考にしていただければと思います。

花桃
約5,000本の花桃が彩る
阿智は「花桃の里」と呼ばれており、村の中心部から川に沿っていっぱいの花桃で彩られます。見頃の時期は「花桃まつり」が開催され、多くの花見客で賑わいます。
星空ナイトツアー
日本一星空のきれいな村
2006年「日本一星空観測適した場所」と認定された阿智村。ヘブンスそのはらスキー場で春から秋に行われる「星空ナイトツアー」は他県の観光モデルにされるほどの人気ぶり!
阿智村の観光プランはこちら!

長野県の観光スポット まとめ

すべて行ったことのある方は、信州マスター初級編クリアといったところ!

しかし、信州にはまだまだスキマなスポットがたくさんありますよ。

というかまだまだ人気スポットも紹介しきれていない!

定番観光スポットも、視点を変えればスキマな魅力に溢れていることも実感しました。これからも記事書くぞ〜!

「信州が初めてだけど、どこに行って良いか分からない」なんて方にとって少しでも参考になれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございます。
SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。
Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu
Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu

最近のスキマ記事