軽井沢おすすめ観光モデルコース|1泊2日で満喫する王道プランを地元民がご紹介

軽井沢 白糸の滝

日本でも指折りの避暑地として知られる長野県の軽井沢町。自然と街並みがバランスよく共存し、非日常感を味わうのにもってこいの観光地です。

軽井沢というと、みなさんどんな印象を持たれますか?別荘地、アウトレットモール、チョコレート、おしゃれなカフェやレストラン・・・。個人的には堀辰雄ゆかりの地や熊野皇大神社、軽井沢宿に追分宿などの文化遺産にも興味があります。

今回は軽井沢の定番を押さえつつ、満喫できる王道コースをご紹介いたします!実際に県外の方々を案内したプランに、プラスαしたモデルコースです。

軽井沢駅発!旧軽井沢銀座通りを歩こう

旧軽井沢

軽井沢の雰囲気を感じてみたい方は、まず旧軽井沢銀座通りを歩きましょう。旧中山道の軽井沢宿だった銀座通りは、江戸時代から続く歴史と明治・昭和時代に入ってきた洋風の文化が融合しています。とりあえずブラブラと食べ歩きするだけでも軽井沢らしさを味わえますよ。

ミカドコーヒーのモカソフトを食べ歩き

旧軽井沢 ミカドコーヒーのモカソフト

1952年に軽井沢へ出店したミカドコーヒーでモカソフトをいただきました。連日行列のできる人気店です。

ミカド珈琲 軽井沢旧道店

所在地:軽井沢町大字軽井沢旧軽井沢786-2

営業時間:10:00~17:00(季節により変動あり)

定休日:夏季無休(季節により変動あり)

軽井沢コーヒーカンパニーで珈琲のテイクアウト

旧軽井沢

メインの通りを脇に入ったテニスコート通りの左手にあるテイクアウトコーヒー専門店・KARUIZAWA COFFEE COMPANYさんにも寄り道。別荘族御用達の自家焙煎珈琲豆専門店が2019年春にオープンしたお店です!

旧軽井沢
軽井沢合宿での一コマ。映える。

KARUIZAWA COFFEE COMPANY

所在地:軽井沢町軽井沢555-1

営業時間:10:00〜17:00

定休日:水曜日

青空と紅葉がおすすめ!雲場池へ

軽井沢 雲場池

旧軽井沢から徒歩15~20分ほど、雲場池(くもばいけ)にも立ち寄ります。湧水をせき止めてできた人造湖ですが、軽井沢では定番の散策スポット。特に紅葉期には撮影スポットとしても人気です!

軽井沢 雲場池

新緑期はこんな感じに緑いっぱいの景色!正直、雲場池自体はそれほど綺麗には見えないので工夫して撮影しましょう。

軽井沢雲場池
何も考えずに撮るとこうなる。

SNS映えバツグン!ハルニエテラス|星野エリア

軽井沢 ハルニエテラス

夕方、軽井沢星野エリアを散策します。中でもハルニレテラスは女子たちがこぞって写真を撮っていました。負けずに撮影。

「軽井沢の日常」をコンセプトに、ウッドデッキをはさんでおしゃれなお店が立ち並んでいます。ゆったりとした時間を過ごすのにオススメ。もちろん散策するだけでも楽しめました!

ハルニレテラスを歩いてみた動画。

星野温泉 トンボの湯

軽井沢 トンボの湯

ハルニレテラスから徒歩5分ほどで「星野温泉 トンボの湯」へ。大人1,300円と少々お値段は張りますが、これが軽井沢。内湯、露天風呂、サウナ、水風呂が1つずつあります。

軽井沢エリアにはあまり温泉がありませんが、トンボの湯は県外の方にぜひ立ち寄っていただきたいと思います。ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、循環・加水はなし

星野温泉 トンボの湯

営業時間:10:00~22:00(最終受付:21:00)

定休日:年中無休

駐車場:あり(平日無料)

星野リゾート 村民食堂はリーズナブルにディナーが楽しめる

軽井沢 村民食堂

トンボの湯と駐車場の間にある村民食堂。名前に似合わずガラス張りの高級感あるレストランですが、意外にもリーズナブルにディナーを楽しめます。(夜に行ったので外観の写真がブレるという無能っぷり。)

軽井沢で宿泊するなら、貸別荘という選択肢

軽井沢 貸別荘

軽井沢らしさを存分に満喫したいなら、宿泊場所は一棟貸しの別荘という選択肢も。軽井沢には使われなくなった別荘を貸しに出している方々がいらっしゃいます。専門業者が管理している場合、スタッフもしっかりついておもてなししてくださることも!

軽井沢 貸別荘

木漏れ日射し込むテラスでくつろぎながら、ゆったりとした時間を楽しみましょう。今回わたしたちが宿泊した貸別荘の詳細&予約は下のページより。

BRIDGE 軽井沢のオールドリッチが愛した本格貸別荘

詳細ページ:https://www.airbnb.jp/rooms/20016626?s=67&shared_item_type=1&virality_entry_point=1&sharer_id=136356874

軽井沢の観光スポットまとめ

軽井沢 白糸の滝

1日で楽しめる軽井沢のオススメ観光スポットをご紹介しました!長野県らしい緑溢れる場所から、軽井沢らしいオシャレで個性的なスポットまでバランスよくまわれるプランになっているかと思います。

スキマらしいニッチな軽井沢観光スポットは、追々まとめていく予定です。

Skima信州

長野県のニッチな観光情報をお届けするWEBサイト「Skima(スキマ)信州」です!キャッチコピーは「信州のスキマを好きで埋める」。


最後までお読みいただきありがとうございます。
SNSのいいねやフォローをお願いしてくださると嬉しいです。
Twitter:Skima信州編集部(@skima_shinshu
Facebookページ:Skima信州(@skimashinshu

この記事を書いた人

信州さーもん

兵庫県出身長野県在住の信州さーもん。Skima信州編集長。
地名と社寺に興味をそそられると、長野県内のどこでもふらっと行く習性を持っています。御朱印・神社仏閣紹介サイト「ごしゅメモ」を運営。

最近のスキマ記事