長野県の定番・人気な温泉街まとめ

山ノ内町渋温泉金具屋

長野県は温泉大国!今回は「長野県の温泉地で観光がしたい」方向けに、絶対に外せない人気の温泉地を5つご紹介します。観光の拠点にもおすすめな定番の温泉街です。野沢温泉、渋温泉、別所温泉、白骨温泉、昼神温泉のそれぞれのおすすめポイントや宿泊施設の情報も満載!ぜひ参考にしてくださいね。

「長野県の温泉に行きたいのだけど、沢山ありすぎてどこが良いのか分からない……」そんな方に特にオススメしたい、信州の人気温泉地トップ5をご紹介します。

温泉地

野沢温泉|野沢温泉村(北信エリア)

全国的にも有名な雪国北信濃の温泉地である野沢温泉。信州らしい素朴で情緒あふれる温泉街と、そのすぐ裏にある広大なスキー場が人気です。冬になると海外からのスキー客でも賑わい、活気ある温泉街を楽しむことができます。

湯量豊富な野沢温泉には、地元の人たちによって大切に守られてきた13ヶ所の共同浴場があり、観光客でも自由に外湯めぐりができます。アツアツの熱湯が冷えた身体をじんわりと温めてくれます。

野沢菜漬けやあけび蔓細工といったお土産をはじめ、源泉を使って作る温泉たまごなど、野沢温泉の楽しみはさまざまです。古き良き湯治場のおもかげを残す温泉街、のんびりと湯めぐりしてみてはいかがでしょう。

▼野沢温泉のスキマ記事

渋温泉|山ノ内町(北信エリア)

渋湯田中温泉

信州屈指の大温泉地「湯田中渋温泉郷」。温泉郷内には個性豊かな9つの温泉があり、海外からの観光客も多い有名観光地となっています。渋温泉はその中心的な存在で、歴史あるレトロな温泉街はもはや現代では再現不可能です。

9つある外湯めぐりは宿泊者限定で楽しむことができます。渋温泉ほど浴衣と草履のそぞろ歩きが似合う温泉街もなかなかありません。

街中の至るところから立ち上る湯けむり。石畳の通りに情緒ある木造旅館が建ち並ぶ風景。タイムスリップしたかのような気分になる、信州を代表する人気温泉地です。

▼渋温泉のスキマ記事

別所温泉|上田市(上田エリア)

数多くの神社仏閣があることから「信州の鎌倉」とも称される別所温泉。その歴史はかなり古く、信州最古の温泉といわれています。上田駅からローカル鉄道の別所線に乗ってすぐ。首都圏からのアクセスも良好です。

小ぢんまりとした信州らしい静かな温泉街。共同浴場が3つ、その他有名旅館などが多く建ち並びます。どこか懐かしく感じるような、ノスタルジックな風情が漂っています。

安楽寺や北向観音など、神社仏閣をめぐる街歩きも楽しみのひとつ。温泉街には至るところに足湯や飲泉所などもあって、たっぷりと温泉を満喫できる観光名所です。

▼別所温泉のスキマ記事

白骨温泉|松本市(松本エリア)

北アルプスの秘境、まさに深山幽谷という言葉が似合う場所にある白骨温泉。ここのブランドともいえる真っ白に白濁したお湯は、県内外によく知れ渡っています。有名な高級旅館が数多くある人気温泉地です。

お湯に含まれる石灰分が湯船に白く付着することから、もともと「白船」と呼ばれていたそうです。大きな露天風呂を持つお宿もたくさんあり、乳白色のお湯をのんびりと楽しむことができます。

周辺の自然環境も素晴らしく、冬はまるで水墨画のような世界を見せてくれる白骨温泉。四季折々の大自然が楽しめる乳白色の温泉、一度味わってみてはいかがでしょう。

▼白骨温泉のスキマ記事

昼神温泉|阿智村(南信州エリア)

昭和48年に発見された新しい温泉地である昼神温泉。川沿いに高級感ある旅館が建ち並び、中京圏からのアクセスも良いことから、今では南信州を代表する人気温泉地として賑わっています。

昼神温泉のお湯はpH9.7という強アルカリ性泉であり、日本屈指の「美肌の湯」として親しまれています。優しく硫黄臭の香るまろやかなお湯で、湯上がりは不思議とお肌がツルツルになります。

春になれば温泉街周辺は花桃の桃源郷へと変わります。阿智村は日本一の星空の村としても有名。春夏秋冬、一年を通して楽しめるリゾート温泉地です。

▼昼神温泉のスキマ記事

長野県の定番・人気な温泉街まとめ

長野県の人気・定番温泉地を5つご紹介しました。

まだ訪れていない温泉地がある方は、この機会にぜひ観光を検討してくださいね。

▼スキマの温泉記事はこちらもどうぞ!




この記事を書いた人

信州さーもん

スキマな観光ライター。長野県内外、国外を旅します。長野県観光WEBメディア「Skima信州(http://skima-shinshu.com )」代表。道祖神宿場街道滝ダムため池棚田神社仏閣好きな平成生まれの魚。浅い知識を浅いままに増やしています。企画・アイディアを出すのが得意。たぶん。